漢方薬・生薬認定薬剤師に関して

漢方薬・生薬認定薬剤師の詳細

【漢方薬・生薬認定薬剤師】は漢方薬・生薬の専門分野において、あるレベル以上の能力と適性を備えていることを確認し、その能力が証明された薬剤師を指します。

漢方薬・生薬認定薬剤師として、患者さんや処方医師に自信を持って情報提供が出来ますし、認定証提示、IDカードの着装で対外的にアピールすることも可能です。

資格取得の条件として、漢方薬・生薬研修会の受講を修了した後、試験に合格する必要がありますね(薬剤師資格があれば研修を受講できます)

研修内容は9回の講義(全45講演)と1回の薬用植物園実習(必須)となっています。座学やインターネットで選択できるようです。

研修会の受講費用は5万円前後、認定証の費用は2万円です。3年ごとに更新があり、その際に規定の単位取得が必要になりますので、継続的な学習が必要な認定試験と言えるでしょう。

学習内容は単に漢方について学ぶというよりも、生薬の科学的成分、歴史、世界での薬物療法の変遷、サプリメントなど幅広い内容を学ぶことになりますので、薬剤師としてスキルアップに繋がるのではないでしょうか。

病院勤務しながら漢方に興味を持ち、【漢方薬・生薬認定薬剤師】の取得を考える方もいますし、漢方薬局への転職や、実際に漢方薬局で働きながら取得を目指す方もいますね。

自信を持って服薬指導が出来ます

漢方薬は複数の生薬を組み合わせて構成されていますし、患者さんによって効果が異なることもあります。

そのため、飲み方や飲み合わせの指導が大切になりますが、その際に【漢方薬・生薬認定薬剤師】の認定を受けていれば、自信を持って服薬指導が出来るのではないでしょうか。

漢方薬局で仕事を行う上で、漢方薬の正確な知識は必須ですし、【漢方薬・生薬認定薬剤師】の研修内容や合格実績が、その後の業務に活かされることは充分に考えられます。

薬剤師として働きながら【漢方薬・生薬認定薬剤師】を取得するのはスケジュール的にハードかもしれませんが、向上心を支えに合格を目指して下さいね。

大学時代の勉強よりも社会に出てからの方が、仕事内容に直結する分、面白く感じると思います。

研修を受けることで成長を実感できますし、試験合格によりスキルアップも感じられるはずですよ。

薬剤師おすすめ派遣会社ランキング

薬剤師求人・派遣【ファル・メイト】インタビュー記事

薬剤師派遣