薬剤師としてスキルを身に付けるなら病院薬剤師

薬局よりも病院勤務の方が高度な技術・スキルが身に付く?

薬剤師としてスキルを身に付けるなら病院薬剤師ではないでしょうか。病院勤務が長い薬剤師が薬局へ転職すると、「仕事のレベルが低い」と感じることがあるようです。

実際にそのような感想を聞いたことがありますし、逆に言うと病院薬剤師として経験を重ねれば、質の高いスキル・技術が身に付く可能性が高いですよね。

病院薬剤師の仕事内容として、

などを行うことがありますし、臨床薬剤師としてチーム医療に携わるケースもあります。

医師、看護師、理学療法士、作業療法士とチームを組むことで、幅広いスキルを身に付けられるのではないでしょうか。患者さんへの意思伝達はもちろん、チーム間のコミュニケーションスキルも身につきます。

調剤薬局のように同じ立場の薬剤師、管理薬剤師だけでなく、様々な職種と交流することで視野も広がるでしょう。

今後の転職の際にも役立つ病院薬剤師の経験

仕事内容の詳細は勤務する病院によって異なりますが、調剤薬局の経験(調剤業務、服薬指導など)以外に求められる部分が多いのは確かですね。

その分薬剤師としてスキルアップしやすく、キャリア形成を考える上で「一度は病院で働きたい」と考える方が多いと思います。

将来的に薬局やドラッグストアへ転職するにしても、病院から調剤薬局(漢方薬局)、病院からドラッグストアの方がスムーズかもしれません。

また、間接的に薬剤師資格を活かせる仕事に製薬会社のMRがありますが、その場合も病院勤務のキャリアをPRしやすいですよ。

MRの情報提供先は病院ですし、日頃よりドクターとコミュニケーションを取る必要がありますが、病院薬剤師として大型病院・総合病院への勤務経験があれば、MRとして結果を残しやすいのではないでしょうか。

MRは病院薬剤師よりも高年収を期待できる仕事、という見方もありますし、収入を優先するなら考慮しても良いですね。

しかし病院薬剤師の求人は減少傾向なので、積極的に薬剤師紹介会社を利用して下さい。

病院求人の多くが紹介会社に集まっていますし、登録者限定の非公開求人に含まれている可能性も高いです。

薬剤師紹介会社は無料で利用できますから、まずは気軽に登録されてみてはどうでしょうか?

薬剤師おすすめ派遣会社ランキング

薬剤師求人・派遣【ファル・メイト】インタビュー記事

薬剤師派遣