保健所薬剤師の仕事内容・役割

地域住民の健康・安全を守る保健所薬剤師

保健所薬剤師の仕事内容、役割に関する情報ページです。

保健所は自治体によって『健康福祉センター』『保健福祉事務所』『保健福祉センター』とも呼ばれますが、公務員薬剤師として働ける人気の職場です。

仕事内容は所轄部署によっても異なりますが、地域住民の健康相談にのったり、献血促進運動に携わることが多いですね。

食中毒や伝染病が発生した際の緊急対応も薬剤師の仕事ですし、病院、薬局、美容院の開設・営業許可発行も担います。

他にも公衆浴場、クリーニング店の管理、指導業務など、地域住民と関わる機会が多い立場と言えるでしょう。日頃から地域貢献への意識が高い薬剤師さんは特に、やり甲斐を感じられるのではないでしょうか。

土日休みなので生活のリズムを保ちやすいですし、プライベートな時間も確保しやすいですよ。

保健所薬剤師の業務

保健所薬剤師の仕事を大きく分類すると以下になります。

薬事衛生は麻薬の使用防止(麻薬取締官としての活動)を行ったり、医薬品・医療機器の安全性確認に携わりますね。病院や薬局の開設許可、立ち入り検査も薬事衛生に含まれます。

食品衛生は食品会社・飲食店への指導や立ち入り検査を行いますね。

環境衛生は公衆浴場やプールの検査、監視が仕事内容です。水道衛生に関する業務も担います。

健康相談は文字通り、市民に対して健康相談を行います。食事や栄養面の相談にのることもありますね。

上記のうち、最も保健所薬剤師が担当しやすいのが『薬事衛生』と言われています。病院や薬局に対する開発許可、立ち入りが業務内容なので、薬剤師資格と関連が深いのではないでしょうか。

いずれにしても調剤薬局やドラッグストアの仕事内容とは大きく異なりますし、公務員という立場で働けるのは魅力ですね。病院やMR職と比較して初任給は低いかもしれませんが、将来的な昇給が期待できますよ。

民間企業が運営する調剤薬局やドラッグストアの場合、必ずしも毎年昇給するとは限りません。それどころか業績不振によるリストラもありますし、将来に一定の不安があるんですよね。

しかし保健所勤務の公務員薬剤師なら、給与や福利厚生含めて、安定して働けますね。立場が安定すれば精神面も安定しますし、不安なく働けるのではないでしょうか。

実際の仕事探しの方法としては、薬剤師紹介会社の利用も考えて下さい。紹介会社は民間の求人の方が多いですが、調剤薬局やドラッグストアの最新情報が分かりますし、保健所薬剤師の仕事と比較できますね。

ぜひ積極的に保健所薬剤師を目指して頂ければと思います。

薬剤師おすすめ派遣会社ランキング

薬剤師求人・派遣【ファル・メイト】インタビュー記事

薬剤師派遣