保健所薬剤師 年収・給料

保健所薬剤師の年収は安い?

保健所薬剤師の年収ですが、初年度で300万~350万前後ですね。

保健所で働くには地方公務員上級に合格する必要がありますし、必ずしも希望の職場に配属されるとは限りません。一定期間ごとの転勤もあります。

そのような状況で年収300万円は安い…と思われるかもしれませんが、あくまでも初年度ですね。

民間の調剤薬局やドラッグストア、病院で働いても、毎年昇給するとは限りません。昇給しても僅かな金額なら、転職による年収アップが現実的ですが、転職のたびに様々なリスクもあるでしょう。

しかし公務員薬剤師なら、着実に昇給していきますし、ボーナスも支給されます。福利厚生も充実していますので、社会保険の充実や勤続年数に応じた退職金など、非常にメリットは多いですよ。

労働環境を比較しても、残業が少なかったり(残業してもサービス残業はありません)、休みを取りやすかったり、有給休暇を使えるので、民間よりも恵まれている部分が多いですね。

1人薬剤師(調剤薬局)の友人に話を聞くと、「休みたいのに休めない」「安い給料で働き続けて辛い」「精神的に限界かも…」というネガティブな言葉ばかりでした。

仕事の責任は民間も公務員も変わりませんが、仕事を取り巻く環境、福利厚生の充実に関しては、公務員薬剤師の方が利点は多いでしょう。

老後も考えながら計画的に働きたい方にとって、公務員薬剤師は非常に魅力的ではないでしょうか。

保健所薬剤師の平均年収

保健所薬剤師の年収は初年度300万~350万でも、平均年収は600万前後と言われています。12ヵ月で割ると月50万円ですね。

実際は月給+ボーナス合わせての年収600万なので、毎月30万~40万の給与かなと思われますが、充分な金額ではないでしょうか。

調剤薬局に勤務する管理薬剤師には年収700万~800万の方もいますし、薬剤師資格を活かして製薬会社のMRへ転職した方の中には、年収1000万以上もいます。

そのような職種と比較すれば、平均年収600万は見劣りするかもしれませんが、公務員薬剤師の安定性、将来性を考慮するとトータルのメリットは多いですよ。

公務員は住宅ローンの審査に通りやすいですし、クレジットカードも作りやすいですよね。そのような社会的信用度もメリットの1つですし、年収以上に魅力的な部分が多いと言えます。

公務員試験に合格し、保健所勤務すれば可能性が広がりますから、ぜひ積極的に目指してみて下さい。

薬剤師おすすめ派遣会社ランキング

薬剤師求人・派遣【ファル・メイト】インタビュー記事

薬剤師派遣