保健所の薬剤師求人

保健所薬剤師の募集を見つけるには

保健所の薬剤師求人は数が少ないため、積極的に情報を集めると良いでしょう。立場的には地方公務員となりますので、まず各都道府県の公式サイトで募集状況をチェックされてはどうでしょうか。

その際は『東京 保健所 薬剤師求人』のように、あなたがお住まいの『地域名+保健所薬剤師』で検索すると良いですね。

それと共に民間の薬剤師紹介会社への登録も行って下さい。民間の紹介会社を利用しても、保健所の薬剤師求人は見つからないかもしれませんが、幅広い情報収集という部分で役立ちますよ。

保健所の仕事を探しながら非常勤でアルバイトやパートとして働いたり、短期派遣という選択肢もあるでしょう。もしくは条件の良い正社員求人が見つかれば、「保健所希望から切り替える」という方法もありますね。

可能性として高くないかもしれませんが、単純に条件面を比較するだけでも、新たな発見があると思います。

保健所薬剤師の求人情報を集める

薬剤師として保健所に勤務するには、公務員試験を突破する必要があります。そして公務員試験には年齢条件が含まれますから、たとえば29歳までに試験合格が必要だったりしますね。

今は6年制の薬科大学・薬学部なので、公務員薬剤師になるには、タイトなスケジュールが求められるかもしれません。

このページをご覧いただいてるあなたは、すでに公務員試験に突破していますか?もしくはまだ合格前でしょうか?

すでに合格していれば、積極的に求人情報を集めて下さいね。

合格前なら、「今から公務員薬剤師を目指すのが現実的かどうか?」を最初に考えると良いでしょう。その後に現実的と判断できれば、合格のための情報収集を行って下さい。

私の知人も20代後半で公務員を目指し、独学で合格しましたよ。元々キャリアウーマンで有能な女性でしたが、今は地方公務員として活躍しています。

やはり公務員になれば立場的に安定しますし、将来の不安も減るのではないでしょうか。

仕事内容で比較しても、保健所は薬局やドラッグストアより体力的な負担が軽いと言われています。もちろん公務員ですから、決して役割が軽いわけではありません。しかし遅くまでサービス残業を行ったり、理不尽なリストラには遭わないので安心して働けますね。

ぜひ積極的に保健所の薬剤師求人を探してみて下さい。

薬剤師おすすめ派遣会社ランキング

薬剤師求人・派遣【ファル・メイト】インタビュー記事

薬剤師派遣