薬剤師が保健所に転職するメリット・デメリット

保健所薬剤師のメリット

薬剤師が保健所に転職するメリット・デメリットについてお伝えします。

まずメリットですが、保健所勤務の薬剤師は公務員ですから、高い安定性が挙げられますね。

民間企業のように解雇やリストラの心配が薄いですし、勤続年数に応じて着実に昇給します。さらに公務員は共済年金保険ですから、退職後の老齢年金も恵まれているでしょう。

私の父も公務員として定年退職しましたが、民間の厚生年金、自営業者の国民年金よりも支給額が多いですね。

退職関連で言えば、公務員薬剤師には退職金が支給されるので、老後の計画を立てやすいというメリットもあります。

残業時間も少なく(残業すれば残業代が支給されます)、カレンダー通りに休日を取りやすく、有給休暇を取得しやすい、という利点もあるでしょう。

民間の薬局やドラッグストアでも、本来は残業すれば割増賃金になりますし、条件をクリアすれば有給休暇も取得できます。労働基準法という法律に規定されていますからね。

しかし実際は、必ずしも法律通りではないかもしれません。有給を使いたいと思っても、先輩薬剤師、管理薬剤師が有給を利用していなければ、自分だけ「有給を使って休みます」とは言いづらいんですよね。

それは育休・産休も同じです。法律で定められていても、取得できない雰囲気の職場もありますし、たとえ育休・産休を使っても、復職後に居づらくなって自主都合で退職、というケースもあります。

しかし保健所勤務の薬剤師なら、残業代も有給休暇も、育休・産休も取りやすいのではないでしょうか。そのようなメリットも大きいと思います。

今までのメリットをまとめると以下ですね。

保健所薬剤師のデメリット

上記は公務員薬剤師のメリットとも重なりますが、他に保健所特有のメリットとして、「薬局や病院では積めない経験」がありますね。

保健所薬剤師の仕事内容として、薬事衛生、生活衛生、食品衛生、試験検査、水道衛生などがありますが、どれ一つ見ても、調剤薬局やドラッグストアとは異なります。

保健所へ転職するからこそ経験できる仕事ですし、そのような意味で、一般的な薬剤師とは異なるスキルを身に付けられますよ。

その分、調剤業務や服薬指導から離れることにデメリットを感じるかもしれません。

その辺りはあなたの人生計画にもよりますね。一旦公務員になれば立場が安定しますし、「もう民間の薬局に転職する必要はない」とも考えられますので。

他に保健所薬剤師のデメリットとして考えられるのは以下です。

まず保健所を希望しても、必ずしも希望が通るとは限りません。公務員薬剤師の職場として、健康安全センターや衛生研究所などがありますし、そちらに配属されることもあるでしょう。

また、実際に保健所へ配属されても、公務員薬剤師には異動があります。そうなれば保健所から別な職場へ配属される可能性も生じますから、保健所の仕事を続けられるとは限りません。

最後に、初任給を比較すると調剤薬局、ドラッグストア、病院の方が高い傾向にあります。

保健所薬剤師の初任給は20万円~25万円と言われていますが、薬局や病院なら、正社員で30万以上は期待できるでしょう。

配属や異動のデメリットは受入れるしかありませんが、給与に関しては(メリットにもあるように)勤続年数に応じて昇給しますし、ボーナスも安定的に支給されるので、そこまでデメリットには感じないのではないでしょうか。

保健所薬剤師の平均年収は600万円、というデータもありますしね。

退職金や老齢年金も加味すれば、安定性が高い公務員薬剤師の方が、民間でキャリアを終えるよりも多くのメリットを享受できるかもしれませんね。

以上、保健所薬剤師(公務員薬剤師)のメリット、デメリットをお伝えしました。

薬剤師おすすめ派遣会社ランキング

薬剤師求人・派遣【ファル・メイト】インタビュー記事

薬剤師派遣