育児中の薬剤師求人 記事一覧

育児中におすすめ!時短パート薬剤師求人
育児中だけれど、週に2,3日で3,4時間なら働けるんだけど・・・。といった条件でパート勤務出来る薬剤師求人をお探しの方も多いのではないでしょうか。
扶養範囲内で働ける薬剤師求人
育児や家庭を優先しつつ、薬剤師としてもあまりブランクは作りたくないし、少しは家計を支えたいから単発派遣や週に2,3日働く事が出来るパート薬剤師の求人募集に関する情報を知りたい。もちろん扶養範囲内で働けるように調整したい。
都合の良い日、1日だけ単発派遣で働く
家事、育児の合間に時々ある「働く事が出来る1日」。そんな都合の良い日だけ働く事が出来るのが、単発派遣という働き方となります。単発派遣で働くには、まず派遣会社に登録する必要がありますね。
急な休みが取りやすい薬局の求人募集
子育て中の薬剤師さんにとって、急な休みを取りやすいかどうかもポイントになりますよね。子供の内は熱を出したり、風邪を引くことが多いですし、病院に連れて行くために急に休むこともあるでしょう。
有休消化率が高い、100%の職場で働きたい
薬剤師として「有休消化率100%の職場で働きたい」と思われるのは当然のことです。このページでは、有給を取りやすい薬剤師の職場について記載しています。
異動無し(転勤無し)で働ける薬局の薬剤師求人
異動無し(転勤無し)で働ける薬局の薬剤師求人ですが、地元密着型の薬局に多いですね。逆に全国展開している調剤薬局に関しては、異動のリスクが伴うこともあります。
1日3時間から勤務可能な薬剤師求人
出産後、職場復帰を希望されるママさん薬剤師はとても多いですが、育児、仕事を両立させるための働き方として、「1日3時間、5時間勤務といった短時間勤務」を希望される方は多いですよね。
パート薬剤師でも産休が取れる職場
パート薬剤師でも産休が取れる職場について記載しています。産休・育児休暇があったとしても、実際に知りたいのは取得率ですね。建前だけあって、実際には薬剤師の人数が少ないなどで取得率が悪い職場もありますので。
ブランクあり歓迎、薬剤師求人
ブランクあり歓迎の薬剤師求人をお探しのあなたへ。結婚や出産をきっかけに薬剤師の仕事を辞めた後、ブランクが空いて不安になることがありますよね。
育休明け、職場に居づらい・・・という悩み
「育休明けで復帰すると職場に居づらい…」いう悩みを抱えている薬剤師さんも多いようです。育休前は普通に働くことが出来ても、育休後は子供の病気や怪我により、どうしても休みが必要な時もありますよね。
残業無し・少なめの薬剤師求人
育児中でも働きやすいのは残業無し、もしくは残業少なめの求人ですよね。やはり子育てしながら薬剤師派遣やパートで働く場合、終業時間できっちり帰れるかどうかがポイントになると思います。
土日祝休みの薬剤師求人
育児と仕事の両立を考えて土日祝休みなら働ける方もいらっしゃるでしょう。小学生なら薬剤師として夕方まで働いても問題ないケースも多いのではないでしょうか。
産休・育児休暇制度ありの薬剤師求人
薬剤師の男女比は女性の方が多いと言われていますので、女性の薬剤師さんにとっては、出産後に産休・育児休暇制度を取れるかどうかも大切なポイントではないでしょうか。
託児所付き、調剤薬局など薬剤師求人
子供を預けることができるなららすぐにでも働きたい、という方におすすめなのが託児所付きの職場です。病院内や隣接した場所に託児所があれば、小さなお子さんがいても安心して働けますよね。
女性薬剤師 家事との両立
仕事をしながら育児や家事もこなしていくのは簡単なことではありません。両方頑張りすぎて体を壊してしまっては元も子もありません。
薬剤師 家庭優先、子供優先の働き方
子供の成長や家庭の状況によって、働きやすい職場の条件というのは変わってきます。家庭を優先するならその時々で職場を変えることも必要かもしれませんね。
育児と両立、オススメ薬剤師派遣会社
時間に融通の利きやすいパートや派遣は、育児と両立しながら働くママさん薬剤師に人気の働き方です。残業なし・曜日固定など子育てのために優先させたい希望条件が色々あるかと思います。
ママ薬剤師 出産後の働き方
子供が出来ると生活が一変しますから、出産前と変わらずに働き続けることは難しくなってきます。出産後も仕事を続けたいと希望する方は多いですが、復職後は働きやすさ重視の職場選びが必要となります。
急な子供の熱、病気でも休みやすい職場の薬剤師求人
子供が小さいうちはどうしても急に仕事を休んだり早退したりしないといけないシーンが多くなりますよね。しかし育児に理解のない職場だと嫌な顔をされたり肩身の狭い思いをしなければいけません。
小さな子供がいるママ薬剤師 おすすめ調剤薬局の規模
勤務する薬剤師の数が少ない職場だと、急なや休みや遅刻・早退に対応してもらえない可能性があります。子供が小さいうちは一定人数以上の薬剤師が勤務する職場の方が働きやすいでしょう。
子育て支援・育児休暇など充実、調剤薬局へ転職
子育て支援が充実した職場だと育児との両立を目指すママさん薬剤師の方も働きやすいですね。転職の際はこうした点にも注目しましょう。
【パート・バイト】子供あり!働きたいママ薬剤師に向いている職場って?
小さなお子さんがいても働きやすい職場なら子育てと両立しやすいですね。ママ薬剤師の復職先にはどんな職場が向いているのでしょうか。