育児中でも働きやすい職場

産休を取りながら薬剤師の仕事を続けたいあなたへ

出産、育児は女性にとって大きなライフイベントです。(ご主人にとってもですが)

結婚後、出産後で働き方を大きく変える方も多いですよね。
正社員からパート薬剤師、バイトなどへ切り替えて、勤務時間を短縮される方もとても多いです。

託児所・保育所があれば利用しつつ、育児と仕事の両立ということで頑張る方も多いですよね。

結婚後の働き方として、これからもずっと薬剤師としての仕事は続けたい、という希望をお持ちの方もいらっしゃると思います。

将来的にお子さんを考えている場合、産休・育児休暇が取れる事はとても重要です。

やはり同じ職場で復職出来るのは、気持ち的にも仕事的にも、やりやすい場合が多いでしょう。
(人間関係、給与などで不満があった場合にはその限りではありませんが・・・)

それに新たに育児をしながら転職先を探すのはとても大変です。
小さな子供がいる、ということで採用を敬遠する所も多いんですよね。

どうしてもお子さんの急な熱で早退、休み希望がありますから。
そこを嫌う経営者は実際にいます。

産休・育児休暇が実際に取得できる職場を見つけるには

産休・育児休暇があったとしても、実際に知りたいのは取得率です。
建前だけあって、実際には薬剤師の人数が少ないなどで取得率が悪い職場もあるとか。

育児休暇が実際に取れるかどうか、という部分が大切ですよね。

正社員はもちろんのこと、中にはパート薬剤師であっても産休・育児休暇が取得できる調剤薬局などもあります。

その際、気をつけたいポイントは勤務している薬剤師の人数です。

個人経営であったり規模の小さな調剤薬局チェーンなどは、勤務薬剤師の人数が少ないため、休暇を取ろうと思っても穴埋めしにくいために難色を示される可能性があります。

さりげなく退職を勧められる事もあるとか・・・。

ですから、ある程度の規模を持つ調剤薬局やドラッグストアチェーンに関して、情報収集をした方が良いでしょう。

これから子供を考えている、という方の場合にはあらかじめ育児と仕事を両立しやすい職場への転職をお考えになっている方もいらっしゃると思います。

その場合には、産休・育児休暇を取得できる条件を知っておく必要がありますよね。

勤務期間が1年以上経過している事、など取得のための条件を設けている場合がほとんどです。

せっかく転職したのに、条件が満たしていなくて取得出来なかった、と言うことのないように、事前に情報収集はしっかりしておきたいですね。

こうした情報に関しても、薬剤師求人サイトを活用する事で担当コンサルタントから得る事が可能です。

離職率などもついでに質問してみると参考になるかもしれません。

薬剤師おすすめ派遣会社ランキング

薬剤師求人・派遣【ファル・メイト】インタビュー記事

薬剤師派遣