女性薬剤師 家事との両立

ママ薬剤師として、家事・育児と仕事を両立したい

女性の多い薬剤師という職業。ママ薬剤師として、出産後の働き方をどうしようかな・・・と迷われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

薬剤師という職業に限りませんが、働く多くのママ、母親にとっては「子育て、家事と仕事の両立」はとても重要なテーマです。

これから復職を希望されるママさん薬剤師の場合には、薬剤師が複数名勤務している調剤薬局、ドラッグストアなどは働きやすいですよね。

お子さんの年齢にもよりますが、やはり乳幼児期、幼稚園年中さんくらいまでは急に熱を出したり、感染病で休まなければならない事も多いでしょう。

薬剤師の人数が少ないと、急な休みも対応が難しいケースも増えてきます。度重なると、職場にも迷惑をかけてしまいますから、退職・・・といった事にもなりかねません。

最初から、育児中のママさん薬剤師であっても働きやすい職場を選びたいですね。

同じようにママ薬剤師が何人か働いている職場だと、お互い育児の悩みも共有できますし、サポートしやすいですから子供がいても働きやすいと職場である場合が多いです。

薬剤師紹介会社を利用することによって、こうした「育児をしながらであっても働きやすい調剤薬局、病院」などを紹介してもらう事が出来ます。

職場の雰囲気などまでは、求職者としてはなかなか分からないもの。現場の情報を知る薬剤師紹介会社の担当コンサルタントを介して、様々な情報を得ることをおすすめしたいと思います。

例えば、仕事と家庭、育児を両立したいママさん薬剤師が働きやすい薬剤師求人に強い紹介会社として、当サイトでは、

といった薬剤師紹介会社をおすすめしています。

ファルマスタッフは正社員転職、パート薬剤師求人、派遣など様々な働き方に対応してくれますし、薬剤師求人がトップクラスに多いですから、多くの情報量が期待出来ます。

また、ファルマスタッフは全国各地に支店がありますので、サポートもしっかりしています。直接会って話をする事で、よりミスマッチは減ると考えます。

リクナビ薬剤師はアルバイト・パート薬剤師求人にも強いです。家庭の時間も大切にしながら働きたい、扶養範囲内で働きたいといった場合には、リクナビ薬剤師がお仕事探しにオススメです。

上記のような薬剤師紹介会社を活用する事で、育児と仕事、両立しやすい職場探しはしやすくなると思います。ぜひ活用されてみてはいかがでしょうか。

家事・育児と仕事の両立、気をつけたい事

その時その時で、一番後悔の少ないであろう働き方をするしか無いんですけれど、気をつけたい事が一つあります。それは頑張りすぎないこと!です。

真面目なママさんほど、仕事に家事に育児にと全部頑張ってしまいがち。特に正社員として調剤薬局や病院で働いていると、残業もあるでしょう。

仕事で遅い帰宅になって、それから家事をこなして食事をして、子供達を寝かしつけて、台所の片付け、洗濯。そこからさらに明日の仕事の準備、子供達の学校の準備、朝食の準備などあるかもしれません。

睡眠時間3、4時間で毎日乗り切るのは難しいです。過労で倒れてしまっては元も子もありませんよね。

経験者としてアドバイスをするのであれば、やはりどこか手を抜くポイントを作る事!全部しっかりこなそうと頑張っていたら、本当に体力の限界を感じる事がありますからね。。本当に疲れたら、10分、15分と合間に仮眠も取ってください。

子供って、本当にある程度ほったらかしても勝手に育っていくもの。思ったよりもしっかりしていますよ。言わないと宿題は全然やりませんけれど・・・

もちろん、月齢や年齢によっては誤飲であったり、台所用品で危ないものもありますから、まだ小さいうちは目が離せません。ただ幼稚園、小学生ともなればだいぶ楽になりますからね。

それに食事も遅い日はお弁当を買って帰ったり、総菜を利用したり。半調理食材宅配なども今は充実していますから、そうしたものを利用するのもお勧めです。

両親やご主人の家事、育児への協力度合いもありますけれど、全部頑張っていてはとてもではありませんが、厳しいと思います。

30代、40代と体力も落ちてきます。昔よりも疲れが溜まる、寝てもスッキリしない、疲労が抜けない・・・と自覚が出来たら余計に気をつけなければなりませんよ。

薬剤師の仕事は、長く働く事が出来るお仕事。経験を積めば、その分だけ患者さんにもアドバイス出来る事も増えるでしょうし、地域のかかりつけ薬剤師として、常連さんも出来てコミュニケーションを取ることも増えてくるでしょう。とてもやり甲斐のある仕事だと思います。

仕事、家事とバランスをとって働く事はとても大切かなと思います。もし今の働き方で無理がかかっているな・・・と感じたら、一度パート薬剤師として働き方を切り替えてみても良いかもしれません。落ち着いたら正社員に戻してもらう事も出来る場合も多いでしょう。

まだまだ薬剤師は人手不足ですから、新たに良い条件で働く事が出来る転職先を探す事も出来るでしょう。先ほどご紹介したような薬剤師紹介会社などを活用して、今のご家庭の状況、ご自身の体力面など考慮してつつ、働きやすい調剤薬局、病院、ドラッグストア、企業からの求人などを探してみてはいかがでしょうか。

薬剤師おすすめ派遣会社ランキング

薬剤師求人・派遣【ファル・メイト】インタビュー記事

薬剤師派遣