小さな子供がいるママ薬剤師 おすすめ調剤薬局の規模

小さな子供がいるママ薬剤師の働き方、働きやすい職場選び

結婚、出産のタイミングで退職される薬剤師さんは多いですよね。

中小の薬局も多く、産休育休制度が上手く活用できない職場も多いのが実際の所といった事もあるでしょう。

その後、お子さんが1歳などのタイミングで復職を希望されるママ薬剤師の方は多いですが、職場で失敗しないためにはどういった職場を選ぶと良いのでしょうか。

お子さんの年齢によって、働く際の条件も変わってきますよね。早い方であれば、生後6ヶ月くらいから復職を希望される場合もあるでしょう。1歳、2歳のお子さんであっても保育所が見つかるまでは託児所有りだと助かる・・・という方は多いでしょう。

その場合には、やはり託児所完備での薬剤師求人を希望される方も多いと思います。

お子さんの人数にもよりますよね、私の周りではお子さんの人数が4人いるママさんがいますが、常に忙しそうです(^_^;

家事、育児、お弁当の用意、夕食の支度、上のお兄ちゃんお姉ちゃんの小学校、幼稚園の用意など、話を聞いていると時間のやり繰りがやっぱり上手ですね。

そういうママさんは共通して仕事も早いです。残業は絶対しない!と気迫を感じます。。段取りの上手さ、集中力が鍛えられているのでしょうね。愚図る末っ子をあやしながら、家事など常に同時進行でこなさないといけないので、脳力が鍛えられているのだと思います。

話が逸れましたが、小さなお子さんがいる場合には基本的には、「子供の生活にあった働き方」が出来る職場を希望されるママ薬剤師の方が多いと思います。

そのためにはシフトや出勤日数などに融通が利く事が必要ですよね。勤務する薬剤師の人数が少ないと、シフトに融通が利きませんから規模に注目して調剤薬局など職場選びをする必要があります。

ママ薬剤師の職場、中規模以上の調剤薬局がお勧め

ママ薬剤師が働きやすい職場の条件として、やはりお勧めしたいのが「一定人数以上の薬剤師が勤務する職場」です。

出来れば、同じように育児中のママ薬剤師が何人か勤務していると、育児に対しての悩み・困り事が共有できますから何かとお互いでサポートし合いやすいです。

また普段から子供に関しての話も出ますから、育児に対しての理解も深い職場となっている事が多いです。

子供が小さいとどうしても急に熱が出たりなど、突発的な休みが必要になります。こうしたときに早退しやすかったり、急な休みが取りやすいと、小さな子供がいるママ薬剤師としてはとても働きやすいですね。

1店舗で多くの薬剤師を抱えている調剤薬局はあまり無いかもしれませんから、複数店舗を経営する企業なども考えてみると良いかもしれません。

全体で一定人数以上の薬剤師が勤務する場合には、近隣店舗の薬剤師がヘルプに来てくれる事も出来ますから、融通が利きやすい事も多いんですね。小規模な調剤薬局などを選ぶと、こうした対応が無理な場合が多いです。

小さなお子さんがいるママ薬剤師の方は、職場選びの条件として、

「一定人数以上の薬剤師が勤務している事、融通が利きやすい事、育児に理解がある事」

などをしっかり確認してから求人へ応募をされる事をお勧め致します。

こうした調剤薬局やドラッグストアなど職場の情報に関してはなかなか個人では知るのが難しいですから、薬剤師紹介会社を活用して、情報を提供してもらうと良いですね。

実際に職場に足を運んで、現場の状況を見て、話を聞いて詳細の把握に勤めている薬剤師紹介会社もあります。

例えば、

ファルマスタッフ

などはそうした現場の情報を重視した薬剤師紹介会社となりますが、こうした紹介会社を活用する事で、ミスマッチを防ぐことが出来ます。

職場選びに失敗したので短期間でまた転職、となると履歴書が汚れますから、それはやはり避けたいですよね。今後のキャリアにも影響する可能性があります。

小さな子供がいるからこそ、働きやすい職場選びをしたい。ママ薬剤師の方は皆さんそう思われているのではないでしょうか。

復職先探しの際には、上記のようなポイントの他にも多数の希望条件があると思います。

など合わせて薬剤師求人をリクエストされてみてはいかがでしょうか。

薬剤師おすすめ派遣会社ランキング

薬剤師求人・派遣【ファル・メイト】インタビュー記事

薬剤師派遣