子育て支援・育児休暇など充実、調剤薬局へ転職

給与・収入以外に注目したい、子育て支援、産休・育休制度

薬剤師としての転職市場はまだまだ調子が良いようで、薬剤師を募集している調剤薬局やドラッグストアの情報は非常に豊富です。
(薬剤師派遣については診療報酬改定により厳しくなると予想する経営者は多いです)

引き続き、正社員、非常勤・パート薬剤師求人に関して堅調に増えていく事が考えられます。

とはいえ「かかりつけ薬局」「かかるつけ薬剤師」の仕組みを再構築、試行錯誤中という調剤薬局なども多いですから、採用に当たってはアピールの仕方を考えなければならない状況もあるかもしれませんね。

さて、これから転職や復職をしようとお考えの薬剤師さんも多いと思うのですが、転職活動をされるにあたり重視されている部分はなんでしょうか?

薬剤師求人を探す際、つい「給与・年収」の項目に一番最初に目がいってしまう、という方は多いのではないでしょうか。

在職中の方であれば、やっぱり今の勤務先よりも手取りが下がるのは嫌だと思いますし、出来れば年収アップの可能性があるとモチベーションも高くなりますよね。

復職するにしても、少しでも給与(時給)が高いに越した事はありません。その分、生活が楽になる訳ですしね。

ただ、給与以外の面もしっかりチェックして見ることで、今の自分、これからの自分と家族にとって働きやすい職場かどうか、長く働き続ける事が出来るかどうかが見えてくる事も多いです。

特に今現在、

「小さなお子さんがいて育児中のママ薬剤師の方」
「これからお子さんを考えている方」

初めてのお子さんにしろ(第一子)、2人目、3人目をお考えのママさんにしても、子育て支援が充実しているかどうかは給料以上に大切ではと思います。

実際、まだまだ職場(企業)によっては育児支援・サポート体制が十分では無い場合もあります。現場の体制によっては人が不足しており、取りたくても取れないといった場合もあるでしょう。

制度も充実しているしとても魅力的!でも実際には取得者が少ない・・・といった場合もなきにしもあらずです。

また、こうした福利厚生は企業としてはお金がかかります。従業員側としては当たり前に感じる福利厚生ですが、しっかり利益が出ていない企業には出来ない部分でもあります。

(福利厚生含め)何をするにもお金がかかりますから、経営的に厳しくない調剤薬局を選ぶ事は大切ですね。

経営的に厳しい場合には、サポートを縮小する可能性もありますから、注意は必要でしょう。特にこれから調剤薬局は厳しくなると言われていますから、中小規模の調剤薬局は事前の情報収集は大切ですね。

託児所ありの職場はやはり病院が多い

小さなお子さんがいるママ薬剤師の方で、託児所完備を希望される方は多いと思います。

現状としては、院内託児所がある病院が「託児所あり」施設としては圧倒的に調剤薬局よりも多いです。

調剤薬局でも社内託児所などがある場合もありますが、そこまで利用者が多い訳ではない場合が多いため、近隣の保育所と提携して託児が可能、といったケースも多いです。

お子さんがいて託児環境が無ければ働くのが難しい、といった場合には病院で院内託児所・保育所あり求人を中心にお探しになると良いかもしれませんね。

育児休暇明け、復職者の離職率について

産休・育休を取得されるママ薬剤師の方は多いです。気になるのは、育休明け、復職してからもしっかりお仕事を続けている方が多いのか、それとも離職者が多いのか、といったことです。

育休明けは育児と仕事の両立となります。

子供が小さい間、育児って本当に大変なんですよね。子育てで悩む事も本当に多いです。それプラス、仕事。

働きやすい職場で無ければ、体力も気力も持たないママ薬剤師の方は多いと思います。

ですから、育児休暇あけに復職してからも、長く勤務されている方が多い調剤薬局などは、ママ薬剤師の方も働きやすい職場と考えて良いでしょう。

転職先、復職先を選ぶ際には、こうした部分に関しても注目してみると、育児に理解がある働きやすい職場が見つかりやすいかもしれませんね。

薬剤師おすすめ派遣会社ランキング

薬剤師求人・派遣【ファル・メイト】インタビュー記事

薬剤師派遣