薬剤師 家庭・子育て両立 記事一覧

薬剤師 結婚後の働き方(パート)
結婚後はライフスタイルが変化するため、女性薬剤師は働き方を見直したいと考えるようです。正社員からパート勤務に切り替える方も多いですね。
ママ薬剤師 残業無しの職場に転職
薬剤師は残業が多いので、お子さんがいるママ薬剤師はもっと子供と過ごす時間が欲しいのに・・・と不満に思うこともあるでしょう。できれば残業無しの職場で働きたいですよね。
薬剤師 家庭優先の働き方
結婚・出産後に復職をする場合、家庭を優先して働きたいと希望する方が多くなりますね。育児や家庭を優先して働きやすい職場の条件にはどんなものがあるでしょうか。
薬剤師 子供が1歳 復帰するための求人探し
ママさん薬剤師が復職するタイミングとして多いのは、子供が1歳になった時期でしょうか。その際の復職先は託児所付きの職場だと助かりますね。
ママ薬剤師が多く利用する薬剤師派遣会社
時間に融通を利かせて働きやすい派遣薬剤師は、ママさん薬剤師に人気のある働き方となっています。そんなママさん薬剤師が多く利用している派遣会社をご紹介します。
産休・育休が取得できる薬剤師派遣会社
女性薬剤師にとって産休・育休が取得できるかどうかは職場選びで重要なポイントとなるのではないでしょうか。一度退職するとなるとブランク明けで新たな職場が見つかるか不安ですよね。
子供あり薬剤師おすすめ、託児所あり薬剤師求人
お子さんがまだ小さいうちから働くなら託児所がないと厳しいですよね。本当は仕事を続けたいけど子供を預ける所がなくてやむなく一旦退職したという薬剤師さんも少なくないでしょう。
薬剤師派遣で働いていても在職証明書はもらえる?
保育園にお子さんを預けて働きに出たいとお考えの場合、在職証明書が必要になりますね。この在職証明書は派遣で働く場合でも発行してもらえるのでしょうか。
小学生の子供あり、扶養範囲内 薬剤師求人
お子さんが小学生に上がったタイミングで薬剤師に復帰しようかなとお考えの方もいらっしゃるかと思います。扶養範囲内での勤務を希望する方は多いですが、派遣薬剤師求人の中にも扶養範囲内OKの求人はあります。
院内託児所付 病院薬剤師求人
現在待機児童数がとても多く、子供を預ける所を探すのは大変という状況にあります。ただ、薬剤師として働く場合は託児所ありの職場を探すという選択肢もあります。
子供の休みに合わせて働く薬剤師派遣
子供の夏休みや冬休み中には家にいなきゃいけないなど、お子さんの休みに合わせて柔軟に働くには薬剤師派遣として働くのがいいでしょう。
【ママ薬剤師の復職】正社員、派遣、パートどれが良い?
薬剤師の仕事は正社員・派遣・パートと様々な働き方を選択できます。ママ薬剤師の復職にはどの雇用形態がいいのでしょうか?それぞれの働き方のメリット・デメリットを挙げてみます。
子育てと薬剤師の仕事、両立で重要なのは?
育児中に薬剤師として復職する場合、子育てと両立しながら無理なく働ける職場を探すことが必要になってきます。最初からフルタイムでびっちり働くのは厳しいかもしれませんね。
【ママ薬剤師】自宅から近い職場で復職したい
ママ薬剤師の優先したい復職先の条件の一つに「自宅や保育所から近い事」が挙げられます。子供がまだ小さいうちは急にお迎えに行かなくてはいけない事が多くなるためです。
仕事と家庭の両立、扶養内パート薬剤師求人
扶養内で働きたいのでパート勤務を希望しているという方もいらっしゃるでしょう。家庭との両立を考えても、パートの方が働きやすいですね。
子供を送り出してから働けるパート薬剤師求人
子供が学校に行くのを見届けてから自分も働きに出たいと希望する方は多いですね。朝のお弁当作りや朝食作りなどもあるので、始業時間遅めだと働きやすいですね。
託児所あり 病院薬剤師パート求人
復職するには託児所がないと無理というご家庭も多いのではないでしょうか。託児所完備の職場を探すのであればやはり病院でしょう。
託児所付き 薬剤師派遣求人
お子さんのいるママ薬剤師の方にとって、「託児所・保育所付き」は必須の条件となることもあるでしょう。今は保育園を探すのはとても大変ですよね。
時短で働くための薬剤師転職
勤務時間の長さや残業の多さを理由に退職・転職する方は多いです。特に家庭をお持ちの方は労働時間が長すぎるのは大きな問題となりますよね。
薬剤師 妊娠中でも転職先を探したい
これから出産を控えているという方で転職をお考えになっている方もいらっしゃるかもしれません。妊娠中の薬剤師が薬局、病院、ドラッグストアに転職することは可能なのでしょうか。