薬剤師 結婚後の働き方(パート)

結婚後、女性薬剤師として悩む方も多い働き方【正社員、パート、退職?】

今更書くまでもありませんが、薬剤師は女性の比率が高い職業ですよね。

男性、女性の比率でみると3対7くらいの割合で女性薬剤師の方が多いそうです。

私の周りの調剤薬局でも薬局長は男性薬剤師、スタッフは全員女性、といった構成が多いです。男女比を見ると、納得ですね。

女性にとって大きなライフイベントというと、やはり結婚、出産ではないでしょうか。

女性薬剤師の方の多くは、結婚後も仕事は続けたい(共働き)と考えていますが、職場の労働環境によっては残業が多かったり、土日も出勤ということもあるでしょう。

結婚後、仕事が原因で家族の生活上「時間のすれ違い」が生じてしまう場合、女性薬剤師の方が働き方を見直す事が多いようです。

正社員として働いていたのであれば、パート勤務に切り替える。思いきって退職する、といった方も中にはいらっしゃいます。

「結婚を機に働き方を変えたいと思っているけれど、これから先のキャリアプランが見通せなくて・・・」と、悩まれている方はとても多いと思います。

色々と考えはじめると、答えがよけいに見つからなくていつも堂々巡り・・・と悩まれてしまう方は多いのではないでしょうか。

薬剤師として結婚後の働き方で迷った場合、「優先順位」をつけていくと糸口が見えてくると思います。

例えば、パート薬剤師として働く場合

例えばパートとして「家庭を優先して働く」事を考えた場合、パート薬剤師求人を探す中にも優先順位があると思います。

など複数の希望条件が挙がることがほとんどでしょう。

薬剤師さん一人ひとりで希望の働き方、仕事内容、時給など違ってきますよね。希望条件があって、実際にどのような薬剤師求人が通勤可能な範囲内にあるのか、といった事が重要です。

そうした情報に関しては、薬剤師紹介会社を活用しながら情報収集をされる事をおすすめしたいと思います。

自分で求人サイトで一つ一つ項目をチェックして調べる事も出来ますが、正直なところ大変です。。また、薬剤師求人の中には非公開求人もあります。

薬剤師紹介会社を利用することにもメリット・デメリットと両方が言われますが、膨大な情報量の中から希望に沿った職場探しをしてくれて、各種交渉も含めてサポートをしてくれる、と言うことのメリットの方が大きいのではと考えます。

薬剤師求人探しにおける様々な事を代行してくれる時間的なメリット、情報量は利用者にとって大きなメリットかなと思います。

紹介された求人に対して、必ずしも応募しなければならない訳ではありませんしね。納得できる求人案件に対して、応募を検討されると良いでしょう。

パート薬剤師求人ということで挙げてみましたが、正社員として働く場合にも同様です。

働き方の優先順位の中から、実際に現在、どういった薬剤師求人があるのかといった事を知ることは重要かなと思います。

良い職場があれば転職を検討されるのも良いと思いますし、今は良い職場が無いと言うことであればそのまま、今の職場で働く事も選択肢ですよね。労働環境が悪いのであれば、一旦退職して、求人探しは継続するなども考えられます。

薬剤師さん一人ひとりで環境が違いますから、それぞれの状況の中でベストな判断をしてきたいですね。そのための情報収集に、薬剤師紹介会社は活用できるかと思います。

といった記事中では、パート薬剤師求人などを探す際に求人数が多く、便利な薬剤師紹介会社をご紹介しています。

こちらも合わせてご覧になってみてください。

薬剤師おすすめ派遣会社ランキング

薬剤師求人・派遣【ファル・メイト】インタビュー記事

薬剤師派遣