ママ薬剤師 残業無しの職場に転職

子供との時間、家庭の時間も大切にしたいから、残業無しで働きたい

薬剤師の仕事はなぜ残業が多いの?

日々、仕事をしているとこうした疑問を持ってしまうこともあるでしょう。逆に忙しすぎてそうした事すら考えられなくなってしまっている薬剤師さんもいるかもしれません。。

ここまでで今日は終わり!と明確に終われる場合は良いですが、そうではない事も多いですからね。

あと少しやったら帰ろう・・・と自分で仕事を増やしている部分ももしかするとあるのかもしれません。

一般薬剤師も残業が多い職場もたくさんありますが、管理薬剤師はもっと大変、という話もよく聞きますよね。管理薬剤師は管理業務も並行して行いますから、残業が多くなりがちです。

30代、40代の方も多いでしょう。体力的に限界を感じている管理薬剤師の方も多いのでは、と思います。

年齢的にもこうした働き方に厳しさを感じていて、もう少し働きやすい職場があれば・・・と迷われている管理薬剤師さんも実は多いのかもしれません。

薬局などを離れて、製薬会社の管理薬剤師求人などは案外狙い目かなという気もしますね。製薬会社が福利厚生も充実していることが多いですし、定時で帰ることが出来る日も多いでしょう。

繁忙期は特に管理業務は就業時間後に行う、といった事も増えるでしょうから帰宅時間が21時、22時といった遅くになる方も少なくないのではと思います。

女性薬剤師の方で、管理薬剤師を打診されて迷っている・・・という方もいらっしゃるかと思います。

お子さんがいるママさん薬剤師としては、長時間勤務は避けたいところ。家庭、子供の時間を優先したいと言うことで、実際に転職されるママ薬剤師はとても多いんです。

薬剤師求人を調べて見ると、「残業無し」で働く事が出来る調剤薬局からの薬剤師求人は思った以上に見つかると思います。

残業無し、土日休みといった条件で薬剤師求人を見つけたい

勤務を希望されているエリアによって求人数は増減しますが、全く見つからないといった事は少ないのではないでしょうか。

正社員求人として希望条件で見つからなければ、パート薬剤師や派遣薬剤師として働くという選択肢もあります。パート勤務であれば勤務日数も調節しやすいですし、休みも取りやすいです。

子供の学校行事が意外と多くて・・・といった場合には、休みがとりやすいパート薬剤師としての勤務の方が都合が良い場合も多いのでは?と思います。

その際には薬剤師が何名勤務しているかも重要ですよね。複数名、薬剤師が勤務している方が休みは取りやすいです。少ないと、急な休みに対応出来ない場合もあり、職場に大きな迷惑をかけてしまう事にもなりかねません。

ママ薬剤師として働きやすい病院、調剤薬局、ドラッグストアなどからの薬剤師求人を探すには、

といった薬剤師紹介会社がおすすめです。

特にファルマスタッフは薬剤師求人数がトップクラスですし、様々な働き方の特集を公式サイトで掲載していますから、ママさん薬剤師が働きやすい職場探しでも情報提供を行ってくれるでしょう。

リクナビ薬剤師は正社員転職だけではなく、パート、アルバイト求人も見つけやすいです。

こうした薬剤師紹介会社を活用して、残業無し、土日祝休み、プライベート優先で働ける職場、といった条件で薬剤師求人案件の紹介を依頼してみてください。

薬剤師おすすめ派遣会社ランキング

薬剤師求人・派遣【ファル・メイト】インタビュー記事

薬剤師派遣