仕事と家庭の両立、扶養内パート薬剤師求人

両立しやすい、扶養範囲内で働けるパート薬剤師求人

パートとして働く事を考えるタイミングとしてはやはり結婚、出産後に薬剤師としての働き方をどうしようかな、と言うことで両立しやすい働き方としてパートでの勤務を希望される方は多いです。

特に出産後は育児にも忙しく、正社員で働くほど時間的に余裕が無い、というのも実情ではありますね。

でも旦那1本の給料ではちょっと家計が厳しい。リーマンショックの時に年収が下がって以来、あまり手取りも増えていないし・・・やっぱり私も少しでも働かないと!

と言う事で、出来るだけ早くパート薬剤師としての勤務でも良いから復職したい、という方も多いかもしれませんね。

家庭、子供を優先しつつ、扶養範囲内で働く事が出来れば今の生活リズムとしては丁度良い、というママ薬剤師の方も多いでしょう。

ご主人と相談して、当面は扶養範囲内で働く事に決めた方も多いと思います。

午前中のみ、週2,3日勤務OKの調剤薬局、ドラッグストアなどであれば扶養範囲内で年収を納める事が出来ますから、こうした勤務日数・勤務時間に融通の利きやすい職場を探したいですね。

仕事と家庭を両立しやすい、扶養範囲内OKのパート薬剤師求人が多数掲載されている薬剤師紹介会社として、当サイトでは度々、

育児中におすすめ!時短パート薬剤師求人

などでご紹介していますが、

などはバイト・パートでの薬剤師求人に関しても情報量が多いので、お住まいのエリアで希望条件で職場が見つかる可能性が高いです。

利用は無料ですから、こうした非常勤・パートにも強い薬剤師紹介会社をぜひ活用されてみてはいかがでしょうか。

パート薬剤師、調剤薬局での仕事内容

パート勤務とはいえ、職場によって仕事内容は変わってきます。

今回は扶養範囲内での勤務となりますから、そこまで責任の重いお仕事をする機会は少ないかもしれませんが、今後のキャリアも考えつつ、業務内容なども希望を出されると良いでしょう。

例えば調剤薬局でのパート薬剤師の主な業務としては、

となります。

退職される前に調剤経験がある薬剤師さんの場合には、復職先や転職先探しは比較的しやすい、と言われますね。

とはいえ、調剤薬局で働く薬剤師に求められるのはコミュニケーション能力、だと言います。

それは調剤薬局内での人間関係もそうですし、患者様に対しての応対も含めてコミュニケーション能力が高い方は歓迎される事が多いということです。

薬剤師へのクレームとして、患者様への応対が原因となっている場合もやはりありますからね。

調剤薬局経営者、現場の管理者(管理薬剤師など)としては、スキル等は勉強すればなんとかなるので、人柄の良い、コミュニケーション能力の高い方を採用したい、と考えている場合が多いということです。

未経験の診療科メインの調剤薬局でも採用される事が多いのは、そうした事も背景にあります。

調剤薬局の規模にもよりますが、薬剤師がレジ、会計も行う事もあるでしょう。そうしたお金の管理なども、求人への応募前に確認されると良いかもしれませんね。

仕事内容、待遇、働く日数、急な子供の発熱による突発的な休みへの対応など、お仕事をするにあたり気になる事は出来るだけ確認しておくと良いですね。

上記でご紹介したような薬剤師紹介会社を活用される事で、代わりに様々な事を確認してくれますから求職者としては楽です。

扶養範囲内、家庭や育児と両立しやすい職場探し。パート薬剤師求人に関しても情報量の多い、薬剤師紹介会社を上手く活用されて、お住まいのエリアでの情報を集めてみてはいかがでしょうか。

といった記事中で、パート薬剤師求人にも強い紹介会社をご紹介しています。合わせてご覧になってみて頂ければと思います。

薬剤師おすすめ派遣会社ランキング

薬剤師求人・派遣【ファル・メイト】インタビュー記事

薬剤師派遣