薬剤師 妊娠中でも転職先を探したい

妊婦が薬剤師転職するのは無理?

「妊娠中でも薬剤師として働きたい、働ける転職先を探したい」とお考えでしょうか?

すでに薬剤師として薬局で働いているけれども、将来を考えると不安だったり、妊娠中の待遇が良くなかったり、色々なシチュエーションがありますよね。

まず言えるのは、妊娠中の転職はハードルが高い、ということです。

やはり調剤薬局や病院、ドラッグストアとしても、これから出産を控えている薬剤師さんの雇用には躊躇いがあるんですよね(全ての職場ではありませんが)。

産前休暇、産後休暇の請求があれば法律上与える必要がありますし、妊婦さんの体調にも気を遣う必要があるでしょう。

特に正社員は難しいかもしれませんが、薬剤師パートや短期派遣なら、「妊娠中の薬剤師さんでも働いてもらいたい」と考える職場に出合える可能性がありますよ。

その辺りは薬剤師紹介会社、派遣会社の担当者に相談されてみて下さい。

出産が近ければ別ですが、予定日まで日数があれば働きやすいのではないでしょうか。

「今の薬局で働き続けても、出産後に仕事を続けるのは難しそう」
「子育てに理解がない薬局なので、将来を考えて転職したい」

というケースは実際にありますし、「まだ妊娠していないけど今のうちに育児に理解ある職場を探したい」という思いを抱かれているかもしれません。

先ほどお伝えしたように、産前産後休暇は法律上取得できますが、子供が一歳になるまで取得できる育児休暇に関しては、転職後すぐに取得するのは難しいでしょう。

その薬局独自の規定があれば別ですが、育児介護休業法で取得できる育児休暇には条件があるんですよね。

・当該事業主に引き続き雇用された期間が一年に満たない労働者

は原則的に育児休暇を取得できないので、妊娠中に転職して出産し、1年間仕事を休むことは厳しいと思われます。

ただし薬剤師派遣会社の中には、3ヶ月の勤務で育休取得が可能なケースもありますから、まずは問い合わせてみて下さい。

正社員や契約社員ではなく派遣で働く、という選択肢を考えてみて下さいね。

薬剤師おすすめ派遣会社ランキング

薬剤師求人・派遣【ファル・メイト】インタビュー記事

薬剤師派遣