企業内管理薬剤師求人

企業で働く、転職するための管理薬剤師求人

企業で働く薬剤師として転職されるのであれば、管理薬剤師だと求人探しがしやすいケースが多くなります。

転職をお考えになる理由は様々あると思います。年収アップのため、調剤薬局での仕事に限界を感じるようになり企業で働く事に興味持った、など薬剤師さん一人ひとりで期すべき所は色々でしょう。

企業で募集される薬剤師求人は稀少となりますが、その内容として一般薬剤師ではなく管理薬剤師が募集される事も多いんですね。

そうした企業内薬剤師として働く場合、当然ですが調剤業務はほぼ無くなりますが、薬品を扱う場所では1拠点につき1名、管理薬剤師の常駐が定められていますから、製薬企業や医薬品卸企業、化粧品メーカーなどで重要な役割を果たす事になります。

管理薬剤師として企業で働く場合に実現出来る事

薬剤師に限りませんが、転職にあたっては「実現したいこと」がありますよね。

転職理由にリンクしますが、企業内管理薬剤師として転職する場合に、実現出来る事としては、

などが挙げられます。

企業によっては残業の有無に差がありますし、属する業界によっても繁忙期・閑散期とあるでしょう。忙しい時にはある程度は残業があるのは納得される方は多いと思います。

1年中忙しい事も無いでしょうし、1年中暇だともっと困りますよね。。転職早々リストラ候補、では困りますから転職される際には、求人先となる企業の業績・今後の見通しなども薬剤師紹介会社の担当コンサルタントから情報を得たり、ご自身で調べてみる事も重要です。

意外と皆さん、転職先となる企業の売上げ、業界内のポジション、今後の見通しなどは深く考えていないことが多いのかなと思います。

給与、福利厚生、残業なども大切ではありますが、転職した際には長く働く事になるであろう企業ですから、離職率なども含めて情報収集される事をお勧めします。

管理薬剤師が働く企業、職場

管理薬剤師が募集される企業、職場について簡単にまとめたいと思います。

などが挙げられます。

健康食品メーカーなどからも管理薬剤師が募集される事もあります。

仕事内容はもちろんのこと、企業、配属される部署によって大きく異なりますから、事前にしっかりと情報収集をし、希望の仕事内容となるかどうかは確認が必要です。場合によっては見学が可能な場合もありますから、相談されると良いと思います。

職種未経験者可、とされる場合も多いですから、興味をお持ちになった薬剤師求人が見つかった際には、薬剤師紹介会社の担当コンサルタントとどういった応募の進め方が良いかなどを相談しつつ、履歴書・職務経歴書の作成、面接対策などを進めていく事をお勧め致します。

企業への転職は、やはり調剤薬局やドラッグストアへの転職とは違い、難易度が高いと考えた方が無難です。しっかりと時間を取って対策をする事が、内定を得るためには重要と言えそうです。

薬剤師おすすめ派遣会社ランキング

薬剤師求人・派遣【ファル・メイト】インタビュー記事

薬剤師派遣