公務員薬剤師(保健所・麻薬取締官)として転職

保健所薬剤師の役割

公務員薬剤師の働き方として以下があります。

1. 国家公務員
2. 地方公務員
3. 麻薬取締官

国家公務員はいわゆるエリートですね。国家の薬事行政などに携わります。

今回お伝えする保健所薬剤師になるには地方公務員上級試験、麻薬取締官になるには麻薬取締官職の採用試験に合格する必要があります。

公務員試験には年齢条件もありますので、各サイトで確認して頂きたいのですが、まずは上記試験を目指すことになるでしょう。その後に公務員薬剤師として転職し、実際に働くことになりますね。

保健所は公務員薬剤師としてイメージしやすい職場ではないでしょうか。地域住民への健康アドバイスや集団検診に関わったり、病院や調剤薬局、公衆浴場、クリーニング店、美容院の開設許可や指導を行います。

飲食店に食品衛生の指導を行うこともあれば、水道衛生や試験検査も業務範囲ですね。いわゆる保健所の仕事としてイメージしやすいと思いますし、薬剤師の知識を活かして働けますよ。

調剤薬局やドラッグストアとは仕事内容が大きく異なりますが、OTC業務で培った対応力、患者さんやお客さんに対するコミュニケーションスキルは重宝されると思います。

保健所は地域のコミュニティーと関わる機会が多いですし、新卒で対話スキルに乏しい方よりも、一度社会に出て、薬局や病院などで経験を重ねた薬剤師さんの方が、地域住民と接しやすい側面もありますよね。

麻薬取締官への転職

次に麻薬取締官ですが、保健所と同様に仕事内容をイメージしやすいですね。いわゆる『麻薬Gメン』です。

映画や小説、テレビドラマでお馴染みですが、実際に働くには薬剤師の免許が必要になります(例外もあります)

厚生労働省所属の国家公務員として、特別司法警察の権限が与えられますので、民間の薬局やドラッグストアはもちろん、保健所薬剤師の仕事とも大きく異なりますね。

麻薬の取り締まり以外にも、病院や製薬会社が適切に医療用麻薬を扱っているかどうか?を監視する業務もあります。

昨今、覚醒剤や大麻以外にも、脱法ハーブなど麻薬に関するニュースが増えている印象を受けますが、その裏には麻薬取締官の活躍があるのではないでしょうか。

特別司法警察職員として安全を守る仕事ですから、責任感が強く、体力に自信がある方はぜひ目指してみて下さい。社会的な意義の高さと共に、やり甲斐を感じられる仕事が麻薬取締官と言えますね。

以上、保健所と麻薬取締官への転職についてお伝えしましたが、薬剤師紹介会社への会員登録も行うと良いですよ。

公務員薬剤師の求人は見つからないかもしれませんが、様々な求人内容に触れることで、幅広い視点で薬剤師の仕事を考えることが出来ますので。

薬剤師おすすめ派遣会社ランキング

薬剤師求人・派遣【ファル・メイト】インタビュー記事

薬剤師派遣