第二新卒薬剤師として希望条件で転職するには

「調剤兼OTC薬剤師」として働く事が出来る転職先

最近、薬剤師求人を調べていて「第二新卒薬剤師」を歓迎する求人募集が増えてきました。

他の職種では昔から「第二新卒」は比較的、一般的な人材として扱われていて採用に積極的な企業も多かったんですね。

それがここ数年で薬剤師の転職市場でも増えてきた印象があります。

第二新卒薬剤師が今積極的に採用され始めている理由としては、

・薬剤師としてある程度経験を持っている

・社会経験のある人材

・意図を持って転職しているため、仕事に対してモチベーションが高い

・まだ若く、戦力として活躍できる期間が長い

・新卒よりも教育が少なくて済むので、立ち上がり(戦力化)が早い

・即戦力

といった理由から、新卒、キャリアを積んだ30代、40代の薬剤師中途採用よりも積極的に、第二新卒薬剤師を採用しようと考えている調剤薬局経営者、企業の人事担当者、役員は徐々に増えていると言って良いでしょう。

面接の際にアピールしたいのは、「すぐに退職しない事」です。

何かしら理由があるとは言え、1回目(2回目)の転職となりますから、

「もしかしたら転職しやすい人材なのでは?」

という事を人事担当者は考えています。

これを払拭するような志望動機、自己PRをする事は大切ですね。

先に退職してしまった薬剤師の方は、単発派遣などで繋ぎつつ、転職活動をされる場合も多いですね。

おすすめ薬剤師求人サイト

第二新卒薬剤師を含め、20代の薬剤師求人ニーズはとても高いです。

経験が浅くとも、教育・研修制度を整えている調剤薬局なども多く、積極的に採用を考えている所は多いですから、ぜひ薬剤師求人サイトを活用して希望条件に合った職場を探してみて頂きたいと思います。

第二新卒薬剤師、20代若手の薬剤師求人を探す際にお勧めの求人サイトは以下となります。

マイナビ薬剤師

エムスリー(薬キャリ)

ファルマスタッフ

いずれも薬剤師求人サイトとしてはトップクラスの求人数、実績を誇りますが、強いて言うならば、マイナビ薬剤師、ファルマスタッフが該当する薬剤師求人を見つけやすいかなと思います。

ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

ポイントはあまり高収入・高年収に拘りすぎないこと

まだまだ経験を積む事を優先した方が良い時期である事に変わりはありません。
経験を積み、専門と言える部分もまだ少ないでしょう。

あまり高収入にこだわると、良い転職先を逃す可能性もあります。
まずは働きやすい、経験を積めるような調剤薬局を見つける事を有産されると良いのでは、と思います。

薬剤師おすすめ派遣会社ランキング

薬剤師求人・派遣【ファル・メイト】インタビュー記事

薬剤師派遣