薬剤師の転職理由 休みが少ない、残業が多い

休日優先で薬剤師求人を探す

薬剤師の転職理由で多いものとして、

「仕事が忙しすぎる。勤務時間が長すぎる。残業が多い」

といった勤務時間、休みが少ない、なかなか取れないといった労働時間、休日への不満があります。

薬剤師としての仕事は好きだけれど、プライベートな時間がもう少しほしい。
家族と過ごす時間が欲しい。

たまには旅行に行きたい・・・
調剤薬局って思った以上に連休が取れない

そうした所が本音としてあるのではないでしょうか。

病院薬剤師の仕事振りも激しい場合も多いのですが、調剤薬局も勤務先によってはとても忙しかったりします。

慢性的な薬剤師不足によって、一人あたりの業務量が増えてしまい残業が定常的にある。
休日もヘルプをお願いされて出勤。

たまの休みは研修を言い渡される・・・。

最初の就職では失敗した、という薬剤師さんって意外と多いんです。
転職歴が1回~2回の薬剤師は多いですよ。

休日は研修、勉強会。仕事の日は残業があり、忙しくて家族との時間がなかなか取れない。

そうした悩みを持つ方は、多いのではないでしょうか。

打開策として何が出来るか

もちろんも立派な社会人ですから、まずは自分がこの勤務場所(調剤薬局)で何が出来るかを考えて、提案してみることから始めてみる事をおすすめします。

原因をまず考えてみる事。

なぜ忙しいのか、休みが取れないのか

その原因を少しずつ改善できそうであれば、職場の同僚や上司(管理薬剤師、薬局長、店長など)も徐々に巻き込んで経営者に働きかけてみることも良いでしょう。

一人が思っている事は、たぶん他のみんなも思っています

「休みが少なくてしんどい・・・!」

よほど待遇改善や業務効率向上に興味のない経営者(オーナー)でなければ、動いてくれるでしょう。

たまにこれ以上お金は掛けたくない!(固定費を増やしたくない)という場合は多いですから、人を増やして欲しい!というのは最後の方にした方が良いでしょう。

実は経営的に厳しい調剤薬局も多いと言いますからね。

それでも待遇改善が難しい場合

休みが取れない、残業が多い、仕事が忙しい原因を考えてみて、改善策を少しずつ実行してみる。

それでも難しい場合には、職場を思い切って変えてみるしかありません。

幸い、薬剤師という職業は中途採用、求人ニーズが高い専門職です。

転職する事によって、場合によっては年収アップにも成功できる可能性があります。

また次の転職で同じような調剤薬局に転職してしまわないためにも、情報収集はとても重要です。

ですが、個人で調べられることには限界があります
残業具合などは、実際に働いてみないと分かりませんし、上司の人柄や人間関係なども同様です。

処方箋の枚数も知りたいですよね。

そうした事を事前に教えてくれるのが、薬剤師転職サイトです。

もう既にどこかを利用されたことがある薬剤師さんも多いかもしれません

もし今、転職も考えているんだけれど・・・という場合には、サポートに手厚い薬剤師転職サイトを利用されることをお勧めします。

サポートに力を入れていて、利用者満足度の高い薬剤師転職サイトも多いですから、そうした所を利用されると失敗は少なくなるでしょう。

などは薬剤師転職での鉄板サイトとしてオススメです。

既に利用したところがある、という方は、他を利用される事も検討してみてはいかがでしょうか。

担当者次第でスピード感は変わってきますから、紹介される求人の質、量に不満をお持ちの場合も、違うサイトを利用するのはありかなと思います。

薬剤師おすすめ派遣会社ランキング

薬剤師求人・派遣【ファル・メイト】インタビュー記事

薬剤師派遣