増える在宅医療、薬剤師の求人ニーズ

在宅医療へシフトチェンジしていきます

今後の薬剤師の重要な役割として、在宅医療が挙げられます。

高齢化社会が進む日本において、医療費の増大は大きな問題として毎年取り上げられていることはご存じかと思います。

国の借金も兆単位で増えており、将来への負の遺産をどうするかといった問題もあります。

増大し膨らみ続ける医療費を抑制することは、喫緊の課題として取り上げられていますが、その一つの方向性として高齢者の医療費抑制のために「入院治療では無くて在宅医療」を推進しています。

無駄に入院させない、ということですよね。

結果として入院患者は確かに減り(特に長期入院患者は減りました)、自宅や在宅介護(在宅看護)が必要、高齢者施設で介護・看護が必要な患者さんが増大

調剤薬局へ行く事が難しい方が増えたため、訪問して薬剤管理や服薬指導を行う必要性が増えています。

そうした在宅医療を支える薬剤師の存在もまたニーズとして増えてきています。

在宅医療あり薬剤師求人を見つけるには

在宅医療あり薬剤師求人に興味がある、探したい、という方へ以下の薬剤師求人サイトをおすすめしたいと思います。

いずれも在宅服薬指導などの業務有り薬剤師求人が多く掲載されていますが、特にオススメなのが【マイナビ薬剤師】です。

在宅医療、在宅訪問服薬指導などの業務を行う求人募集が多数見つかります。

利用者満足度も非常に高く、毎年多くの薬剤師さんから支持、利用されていますので安心してご登録して頂けると思います。

業界最多クラスの薬剤師求人から、希望に合った調剤薬局などの求人を紹介してくれます。

在宅医療あり薬剤師求人を探す際にはこうした薬剤師専門の転職サイトを上手く活用してみてください。

在宅医療 薬剤師としての仕事・役割、やり甲斐

在宅医療に携わるという事は、それまでの調剤薬局や病院薬剤師として仕事とは違い、幅広い経験を積めるという事もありスキルアップを目指したい薬剤師さんや、地域医療に貢献したいという気持ちを強く持つ薬剤師さんからの応募が多いと言います。

ただ単に薬を届けるのではなく、場合によっては緩和ケアなどの知識も必要となってきますので、常に勉強という意識を持つことが出来る薬剤師の方が向いているのが、在宅医療あり薬剤師求人といえると思います。

高齢者の方は場合によっては複数の病院にかかり、薬を大量にもらっている場合もあります。

実際、周りにいるのですが、薬をもらっても自分で飲みたいものを飲んでいるケースもあります。

またどれを飲んで良いのかよく分からなくなってしまって困っている・・・といったケースもあります。

高齢者の方は薬が多くなりがちです。

在宅医療における薬剤師の重要な役割として、

「服薬する薬をきちんとチェック、使用する薬の飲み合わせを指導し、間違いや危険が無いように指導をする」

という事が期待されています。

薬剤師の方の中には、こうした服薬指導に自信が無い方もいらっしゃると思いますから、将来的に在宅医療での仕事を目指したい場合には、まずは勉強が必要かと思います。

関連資格として、プライマリ・ケア認定薬剤師制度があります。

「かかりつけ医師」の存在はもう大分前から言われていますから、馴染みがありますが、これからは「かかりつけ薬剤師」の存在も重要になってくると言われています。

今後ますます、地域でプライマリ・ケア薬剤師の活躍の場が広がってくると思われます。

今から在宅医療、プライマリケア薬剤師として経験を積む事はとても良い経験が出来るのではないでしょうか。

薬剤師おすすめ派遣会社ランキング

薬剤師求人・派遣【ファル・メイト】インタビュー記事

薬剤師派遣