少人数の調剤薬局で働くメリット・デメリットについて

少人数の薬局で働くメリットとは?

少人数の調剤薬局で働くメリット・デメリットについてお話しますね。

まずメリットですが、経営者との距離が近いので、薬局経営を学びやすい点にあります。大人数の薬局で一人の薬剤師として働く場合、なかなか経営者と話す機会が無いかもしれません。

逆に少人数の薬局なら経営者と接する機会も多く、結果的に薬局経営について学ぶチャンスも多くなりますね。

また少人数と言っても、数名の薬剤師が働いている場合、管理薬剤師として勤めることでマネジメント力を鍛えることが出来るでしょう。

ポジションが人を作ると言いますが、実際に責任あるポジションに就けば、日々の働き方も変わるんですよね。全体を見渡しながら働くことで新たな発見があるかもしれませんし、スキルとキャリアも築かれると思います。

知人の薬剤師は、薬局内で一人薬剤師として働いていましたが、その分経営者と接する機会が多いと言っていました。経営者から売上の悩み、事業継続の悩みを日々聞いていたそうです。

結果的にその薬局は閉鎖になりましたが、その時の経験を活かして、今は別な薬局で働いているんですよね。

特に将来的に薬局経営したいと考えている場合は、少人数の調剤薬局で働くメリットも多いのではないでしょうか。

少人数の調剤薬局は給与面に関しても、大手チェーンの調剤薬局より高くなることがあります。人数が少ないので管理薬剤師として働けるチャンスもありますし、そうなれば自然と高給与が期待できますね。

やはり薬剤師の人数が増えれば増えるほど、一人の給与は減る傾向にあります。その当たりは経営者の考え方や売上にもよりますので、まずは様々な薬局求人に触れることが大切かなと思います。

少人数の調剤薬局のデメリット

逆に少人数のデメリットとしては、休日が取りづらいということですね。

少人数で働いていると「急な休み=調剤薬局を営業できない」という事態も充分に考えられます。特に一人薬剤師の場合は、お昼休憩を取ることも難しいんですよね。

少人数なので煩わしい人間関係の悩みは薄いと思いますが(これもメリットですね)、休みを取りづらい、休憩を取りづらいというデメリットもあります。

どのような事柄にも裏表がありますし、良いことばかりではありませんが、メリットとデメリットを比較して、メリットの方が魅力が勝っているようでしたら、積極的に少人数の薬局求人を探してみて下さい

特に薬局経営を学びたい、高給与で働きたい場合に少人数の薬局がおすすめですね。

薬剤師おすすめ派遣会社ランキング

薬剤師求人・派遣【ファル・メイト】インタビュー記事

薬剤師派遣