薬剤師 転職しやすい時期(繁忙期を狙う)

好条件、薬剤師求人が増える転職しやすい時期

転職をお考えの薬剤師さんにとって、気になる事の一つとして、

「好条件の薬剤師求人が増える、転職に良い時期はいつなの?」

といった事があるのでは、と思います。

どんな業界、仕事にも繁忙期ってありますよね。

薬剤師の職場として、調剤薬局や病院、ドラッグストアで働いている方、企業にお勤めの薬剤師さんも多いと思いますが、一年を通して見ると、

とがあるでしょう。

忙しい時期って、「もう少し人がいたら仕事が楽になるのに・・・」と考える事もあるのではないでしょうか。

調剤薬局であればやはり秋、冬と風邪、インフルエンザが流行しやすい時期は超忙しくなる所も多いでしょう。病院やクリニックもも小児科、内科、耳鼻咽喉科などはこの時期、繁忙期といって良いのではないでしょうか。

皮膚科も肌が乾燥して様々な肌トラブルが起きやすい時期ですから、忙しいかもしれません。

そうした繁忙期の前に、忙しさを見越して薬剤師求人を経営層・上層部は掲載している事が多いんですね。

需要と供給の常として、人手が足りないときは他よりも待遇・採用条件を良くして応募をまず増やそうとする心理が働きますから、好条件の薬剤師求人も見つかりやすい時期となります。

逆に閑散期(暇な時期)は求人自体も減りますし、待遇も比較すると見劣りすることが増えるでしょうか。

色々な面から見ても、繁忙期前に転職活動をされる方がメリットは多いと言えるでしょう。

好条件の薬剤師求人が増える時期を狙って転職活動

他に薬剤師求人ニーズが高まる時期として、夏のボーナス支給後・冬のボーナス支給後があります。

特に冬のボーナス支給後は薬剤師求人が増えますよね。

1年目の薬剤師さんの場合には、夏はボーナスは支給されないという方も多いでしょう。そしてやっと支給された冬のボーナスをもって退職、もっと働きやすい職場探しをしたいという方も意外といらっしゃるんですね。

それに退職するにあたっては冬のボーナス支給後、年明けがキリが良いと考える方が多いためか、全業種的に、1月~3月、4月は求人数が増える時期となります。

この場合も退職者が増えることを見越して薬剤師中途採用を行う病院、調剤薬局、ドラッグストア、企業が増えますから、少しでも条件を良くして応募を増やしたい、ということで好条件での薬剤師求人が増える時期ともなってきます。

もし「今すぐ辞めなければならない!」と言うのでは無く、「少し待って良い時期に転職をしてもいい」というのであれば、繁忙期前であったり、冬のボーナス支給後の年明け1月から転職活動をスタートされると、薬剤師求人数も多いですし好条件での採用情報を見つけやすいといえるでしょう。

転職活動が成功するかどうかは、時期もとても大切となります。薬剤師としての転職活動も、時期を意識される事でより良い職場、年収アップなども含めて転職成功の確率を上げられると思います。

など、地域毎におすすめの薬剤師紹介会社を掲載した記事も合わせてご覧になってみてください。

薬剤師おすすめ派遣会社ランキング

薬剤師求人・派遣【ファル・メイト】インタビュー記事

薬剤師派遣