英語が話せる薬剤師の転職活動について

空港内、高級ホテル内の薬局

英語が話せる薬剤師の転職活動ですが、まずは薬剤師紹介会社へ無料登録した上で、担当者に希望を伝えると良いですね。

公開求人を見ても英語力を活かせる薬剤師求人が一定数見られますし、紹介会社の会員限定の非公開求人を含めれば、さらに多くの選択肢があるのではないでしょうか。

特に東京や横浜、大阪のような外国人が多い地域で探しやすい傾向にありますね。

具体的な職場としては、

・空港や高級ホテル内の調剤薬局(ドラッグストア)
・規模の大きな総合病院
・外資系の製薬会社

などがあります。

薬局やドラッグストアでも、立地条件によっては外国人のお客さんが多くなりますし、英語力を活かしやすいですね。

特に空港や高級ホテル内の薬局では、「英語で日常会話できる方」という条件で募集されていることがありますし、調剤薬局を中心に転職先を探している場合は候補に入れてみて下さい。

規模の大きな病院と製薬会社

次に規模の大きな病院でも、英語を話せる薬剤師が求められることがありますね。

求人数は多くないですし、募集条件に「英語力必須」と記載されているケースは少ないですが、それでも外国人の患者さんが多い病院では、英語が得意な薬剤師が歓迎されることでしょう。

空港やホテル内の薬剤師求人と同じように、人口の少ない都市よりも、人口が多くて外国人居住者が多いエリアで探す方が良いですね。地方によっては病院薬剤師の求人自体、あまり見つからないこともありますので。

そして製薬会社ですが、最も英語力が必要な職場と言えるかもしれません。

仕事内容として学術業務(DI業務含む)に携わる場合、国内の情報と共に、海外の文献に当たる必要がありますので、英語力必須と言えるでしょう。

さらに外資系の製薬会社に勤めるなら、社内のやり取りを英語で行ったり、社外(本社)との連絡交換で英語を使う機会が多いしょうから、高いレベルの英会話力を求められるのではないでしょうか。

薬剤師さんの感想を見ても、「英語に自信があって外資系製薬会社に勤めたけれども、まだまだ自分の英語力が低いと実感した」という内容がありましたし、製薬業界の専門用語含めて、英語のボキャブラリーが豊富な薬剤師が求められているのかもしれません。

製薬会社の学術業務へ転職するには学歴も必要になりますが、まずは薬剤師紹介会社へ無料登録して情報収集してみて下さいね。

薬剤師おすすめ派遣会社ランキング

薬剤師求人・派遣【ファル・メイト】インタビュー記事

薬剤師派遣