有給休暇取得率の高い調剤薬局 薬剤師求人

有給休暇がちゃんと取得できる調剤薬局への薬剤師転職

今お勤めになっている薬剤師さんの中には、転職をお考えの方も多いと思うのですが、

といった事が本音の転職理由にある方も多いのではないでしょうか。

有給休暇を使いたいけれど、なかなか取得できずに消化できていないという薬剤師さんはたくさんいらっしゃるでしょう。

労働環境改善のためにも、有給休暇の取得率はとても重要だと言われますが、実際に取得率が高い職場には共通点があるようです。

それは「薬剤師の勤務人数が複数名である」ことで、1名が有給休暇などで休んだとしても、業務が滞りなく回る事がポイントといって良いでしょう。

ある程度規模の大きな病院の薬剤部、複数店舗、チェーン展開している調剤薬局などは雇用している薬剤師の人数もそれなりにいるため、管理薬剤師も含めてスタッフの休みに対応しやすいですから、繁忙期を避ければ有給休暇は申請しやすいですし、取得もしやすいという状況です。

対して有給休暇の取得率が低い職場は、やはり勤務する薬剤師の人数が少ない場合。

一人薬剤師の勤務であったり、そうでは無いとしても調剤スタッフが数人で常に忙しい場合、有給が取りにくいです。薬剤師がいなければ仕事になりませんから、必然的に休みが取れない事になります。

それを嫌って薬剤師の勤務人数がある程度多い調剤薬局を希望される方もいらっしゃいますからね。

ちなみに、派遣社員、パート社員に関しても有給休暇は付与されます。あえて言わない経営者も多いんですね。これはこれで問題ですが。

パート勤務されている方の中には知らないケースも実は多いのですが、勤務日数が少なくても有給休暇は付与されますので、病気や冠婚葬祭など必要があれば、有給日数を確認して遠慮無く申請されることをおすすめします。

有給休暇の取得率が高い!実は本当の理由も・・・

有給休暇の取得率に関しては考え方があって、取得率が高い職場の中には退職前に有休を使い切る人が多いため、取得率が100%に近いという事もあるようです。

有給休暇取得率だけを見て「この職場は労働条件がきっと良いんだろう!」と判断するのでは無く、どういった取得のされ方なのかという点も薬剤師紹介会社を介して確認するなどは必要かと思います。

実は離職率が高くて、かつ有給休暇取得率が高いといったケースも考えられるんですね。そういった職場は、やっぱり嫌ですよね。とはいえ、職場雰囲気、忙しさ、人数は大きく影響します・・・。

今は薬剤師紹介会社を利用してそうした内部情報も得る事が出来ますから、気になる事は細かなことであっても質問される事をおすすめしたいと思います。

職場の人間関係、残業状況、休日出勤の有無、有給休暇取得率(旅行でも休みが取らせてもらえるか、など)等を事前に確認すると転職後に後悔する事も少なくなるでしょう。

こちらの関連記事も合わせてご覧になってみてください。

薬剤師おすすめ派遣会社ランキング

薬剤師求人・派遣【ファル・メイト】インタビュー記事

薬剤師派遣