薬剤師 正社員平均年収

あなたは平均以上?以下?薬剤師の年収

薬剤師、正社員の平均年収に関する情報をお知らせしますね。

正社員と一口に言っても、調剤薬局、ドラッグストア、病院、製薬会社など勤務先は様々です。

また病院の管理職や調剤薬局の管理薬剤師、ドラッグストアの店長(エリアマネージャー)など、立場によっても年収は変わりますね。もちろん地域や年齢によっても異なります。

そのように職場、役職、エリア、年齢による差はありますが、あくまでも平均年収として考えれば、薬剤師全体で年収500万円~550万円と言えるでしょう。

ドラッグストア勤務の薬剤師の平均年収が高いんですよね。

中には年収700万~1000万前後稼いでいる薬剤師もいますし、逆に年収400万円の薬剤師正社員もいますね。その中間のデータとして、年収500万~550万を一つの目安として下さい。

そのため、現在お勤めされている職場が平均年収に達していなければ、思い切って転職を考えても良いと思います。

薬剤師紹介会社を利用して転職した方の中には、年収500万円から700万にアップした方もいますよ。もちろん、年収だけが転職の動機にはなりづらいと思います。しかし一つのきっかけにはなりますよね。

私の友人に調剤薬局勤務の女性(薬剤師)がいますが、彼女は以前、一人薬剤師として個人経営の薬局で働いていました。あまりに賃金が低いため、経営者に給与アップの交渉を行っても…

「経営状況が苦しいから、もう少し待って欲しい。いまあなたに辞められると困ります」と言われ続けたそうです。

しかし、どれだけ待っても賃金が上がる気配はないし、一人薬剤師なのでなかなか休みが取れない、残業も多くてストレスが堪り、体力的にも精神的にも追い込まれていきました。

それでも患者さんに「いつもありがとう」と感謝の言葉をかけられるため、我慢して一人で働いていましたが、結局その調剤薬局は倒産したそうです。

今は福利厚生が充実した大手薬局で働いていますが、「あのとき倒産して良かった」と思っているようです。結果的に新しい調剤薬局で年収アップできたし、生活が楽になった分、プライベートも充実しているように見えます。

上記は極端なケースかもしれませんが、高年収を得られれば、それだけ精神的にゆとりを持って働けるのではないでしょうか。プロとして働くわけですから、収入は明確な評価基準と言えますし、日々のモチベーションにも繋がりますよね。

そのため、現在の年収が500万~550万に達していなければ、一度薬剤師紹介会社への相談をオススメ致します。

ただし地域によっても平均年収は異なりますので、東京や神奈川、埼玉、愛知、静岡、大阪、兵庫、福岡のような人口が多い都市以外は、平均年収が500万以下というケースもあるでしょう。

その場合でも薬剤師紹介会社へ問い合わせれば、居住地域の平均年収を教えてもらえると思いますので、気軽に会員登録からはじめてはどうでしょうか?

薬剤師おすすめ派遣会社ランキング

薬剤師求人・派遣【ファル・メイト】インタビュー記事

薬剤師派遣