正社員でも残業無しの薬剤師求人

正社員でも残業無し、定時で帰れる薬剤師求人

薬剤師として今勤務されている方も多いと思うのですが、

「残業時間、今どれくらいありますか?」

もちろん勤務先によって薬剤師の人数、一日の処方箋枚数、老健や有料老人ホームなどからの委託、などなど条件は違いますから一概には言えませんけれど、薬剤師の平均残業時間は他の職業と比較して少ない方となっています。

参考URL:残業時間の実態調査2012 |転職ならDODA(デューダ)

によると、薬剤師の平均残業時間は約13時間だということです。

少々古いデータとなりますので、診療報酬改定により在宅医療、かかりつけ薬局重視となっていますから、今はまた違った状況と言えますが平均残業時間に関してはそれほど大幅に増えてはいないと考えられます。管理薬剤師の場合には、平均残業時間より長い場合が多いようです。

調剤薬局がメインとする診療科によって繁忙期、閑散期とあります。小児科、耳鼻咽喉科などだと、やはり風邪やインフルエンザ時期には忙しくなる調剤薬局は多く、残業時間も増え気味ではないでしょうか。門前薬局の場合にはまた忙しさは異なりますね。

薬剤師の退職理由・転職理由として「残業の多さ、休日出勤」などを挙げる方は多いです。

男性薬剤師よりも女性薬剤師さんの方が、残業時間が長いと辛さを感じることが多いのではないでしょうか。残業が長時間になる場合、家事もその分出来ませんしね。

お子さんがいる場合には、些細な子供のグズリ、しつこさにイライラしがち、そんな自分にさらにイライラ・・・限界を感じてしまう瞬間もあるかもしれません。

託児所、保育所を利用してお子さんを預けながら両立されているママ薬剤師の方は多いです。パート勤務されている方もいますが、正社員として両立に頑張られているママ薬剤師の方もいらっしゃいますよね。

上記の平均残業時間はあくまで平均ですから、残業時間が毎日長時間に及ぶ職場も実際にはあります。

「家族との時間がとれずすれ違いばかり・・・辛い・・・」
「子供を迎えに行く時間がどうしても午後8時頃になってしまって・・・」

そんな生活に嫌気がさして転職を考え始める方も中にはいらっしゃるでしょう。希望は残業無し、定時で帰ることが出来る職場、調剤薬局など。

薬剤師紹介会社に掲載されている求人情報を調べていると、正社員であっても残業無し、ほぼ無しという事で掲載されている薬剤師求人が結構多い事に気がつきます。

残業無し薬剤師求人さがし、おすすめ薬剤師紹介会社

例えば、正社員でも残業無しの薬剤師求人、残業10時間以下といった求人案件が多く見つかりやすい薬剤師紹介会社として、

などがあります。いずれも掲載されている薬剤師求人数は非常に多いですから、情報源としてとても便利です。

中でもファルマスタッフは、

アフターファイブ充実!【残業少なめの求人特集】

という事で薬剤師求人を特集していたりもしますから、情報量は多いです。

もし、今の職場での働き方に限界を感じていたり、家族との関係が既にギクシャクしていると感じている場合には、思い切って新たな働き方を求めてみるのも一つの手段です。

掲載されている求人以外にも非公開求人もありますから、より好条件でしかも残業無し・ほぼ無しで働く事が出来る職場が見つかる可能性もあるんですね。

転職をお考えになる場合には、求人案件に記載されている内容が本当かどうか、繁忙期はどう変化するのか、といった事も確認される事は必要です。

そうした情報に関しても、薬剤師紹介会社の担当者に相談すれば代わりに確認してくれますから、時間的に助かりますね。合わせて、職場の雰囲気、人間関係など知りたい事をまとめて確認してもらうと良いでしょう。

希望の働き方が実現出来る職場かどうか、事前の情報収集はとても大切ですよね。残業無し、定時で帰りやすいといった部分以外に求めるもの、仕事内容、キャリアアップ、年収アップ・もしくは維持など、希望条件で相談されてみてはと思います。

薬剤師おすすめ派遣会社ランキング

薬剤師求人・派遣【ファル・メイト】インタビュー記事

薬剤師派遣