年収アップを狙った薬剤師正社員求人

薬剤師が給料を上げる方法、高給与・高年収 薬剤師求人

最初は友達よりも年収が高いと思っていたけれど、30代以降、年を重ねても給与はあまり上がらないし、どうも話をしていても自分の年収は低いように感じる。

同じ調剤薬局で働く先輩を見ていても、給料の伸びしろが少ない気がしてどうにもモチベーションが上がらない・・・

これからの住宅ローンの返済、かかってくる子供の教育費などを考えると、もっと高給与・高年収が得られる職場へ転職を考えるようになった。

色々なきっかけから、年収アップを意識した転職活動をスタートされる薬剤師さんがいらっしゃいます。

正社員として転職を希望される薬剤師さんの転職理由でも、

「年収に対する悩み、不満」

は上位に来る転職理由の一つです。

最初に働いた職場の給与体系が、あまり給与が伸びない体系であった場合。これからの年収も残念ながら期待出来ない可能性が高いです。

昇進してもあまり変わらない場合もありますし、かえって残業代が出なくなって手取りが減った・・・という可能性もあるんですね。

現状を見ると、薬剤師不足に困っている病院、調剤薬局、ドラッグストアは多く、人材を確保するために相場よりも高給与、高待遇の薬剤師求人を掲載して応募を多くしたい、という事で募集を行っている所も多いです。

そのため、特に現状の年収・給与が相場よりも低い薬剤師さんにとっては、転職により年収が50万~100万円ほど上がる、といった可能性もあります。

もちろん身に付けているスキル、知識などそれまでの経験が考慮されますから、なんとなく過ごしてきた場合には、あまり評価されずに不採用が続いてしまう・・・といった可能性も否定できません。転職を前に一度、自分のスキルや経験などを棚卸しすることは有効ですね。

そして高給与・高年収の薬剤師正社員求人を多数保有している紹介会社を活用される事も重要です。交渉力も重視したいですね。

例えばこうした事を踏まえて、お勧めの薬剤師紹介会社としては、

などをお勧めしたいと思います。

実際、交渉の上手い薬剤師紹介会社のコンサルタントは、落としどころを見つけるのが上手く、高年収を引き出す事に長けている方もいます。

こうした交渉は業界経験の浅い若手コンサルタントには難しい事も多いですから、登録時にその旨希望されると良いかもしれません。

地域毎に異なる、薬剤師の平均年収

地域毎に薬剤師の平均年収は大きく違ってくるんですね。事前の情報として、そうしたお住まいの地域での薬剤師平均年収を聞いてみても良いと思います。

実は東京都は薬剤師の人数も多いため、充足している職場も多いので平均年収はそれほど高くないのが実情です。平均年収としては例年480万程度となっているようです。

それに対して、薬剤師不足に困っている地域では平均年収が600万円を超える地方もあります。身軽に動けるのであれば、こうした高年収を稼ぐ事が出来る地方で1,2年働いて、また転職してといった働き方もあります。

実際、高給与・高年収を得ながら自分に合った土地を探して転職をされる薬剤師さんもいらっしゃいます。色々なライフスタイルを選ぶ事が出来るのも、薬剤師という職業のメリットの一つといえるかもしれません。

高給与・高年収、年収アップを狙った転職を希望される薬剤師さんは、先ほどご紹介したような薬剤師紹介会社などを活用されて、求人情報を得てみてはいかがでしょうか。

薬剤師おすすめ派遣会社ランキング

薬剤師求人・派遣【ファル・メイト】インタビュー記事

薬剤師派遣