パート薬剤師の働き方

薬剤師パートを掛け持ちして働く

正社員ではなくパート薬剤師としてお仕事をされている方も多いと思います。

男性薬剤師も増えてきましたが、やはり女性の比率が多い薬剤師という職業。
家庭や育児などと仕事の両立、時間的なバランスを考えるとパートとして働くのが何かと都合が良い、ということでお仕事をされている方も多いでしょう。

何人かの薬剤師さんに聞いてみたところ、やはり育児のために一度それまでの職場を退職、ある程度子育てが落ち着いてきたところでパートとして復職をしましたよ、という方が多かったですね。

復職のタイミングとしては、それぞれのご家庭や育児の状況、薬剤師本人としての考え方などにもよりますから時期的には色々ですが、

・出産半年後
・1歳の誕生日
・2歳
・3歳
・幼稚園入園

といったタイミングで何らかの雇用形態で復職をされている方が多いです。

出産後半年、1年後といったママさん薬剤師の場合には、託児所あり病院や調剤薬局などでの復職を希望される場合が多いですね。

ご主人と共働きにとなる事が多いですし、実家が遠かったりそうそう毎日は預けられません!となると、やはり託児所を利用しながら働く事になります。

そのため、託児所・保育所ありの薬剤師求人は常に高い人気になっています

パート薬剤師、仕事の掛け持ち

薬剤師の仕事をパートとして働いているけれど、子育てがさらに落ち着いてきたので、掛け持ちでもう1つ増やして給料アップをしたい。

といった場合もあるでしょう。

お金は生活のために必要ですし、子供が大きくなるとまたさらに必要な場面が増えますからね。
学費を今のうちに貯めたい、という気持ちはとてもよく分かります

お金のため時って3回あると言います。

その中で「子供が小さい時も貯め時」と言うこともよく言われますよね。

具体的には、

・子どもが幼稚園や保育園へ上がる前の時期
・小学校低学年の時期(公立学校へ進学の場合)

ですね。

ですから、上記のタイミングで仕事量(勤務日数)を増やそうという薬剤師さんは多いんですね。

段々と塾のお金、授業料、部活をやっていればユニホーム代、遠征費用など出費が膨らんできます。
毎日の食費も増えます。
いずれは大学受験もあります。

そう考えていくと、こうしたお金の貯め時を逃すことは出来ませんよね。

ですから、パート薬剤師として掛け持ちして働こうかな、という方も多いんです。

正社員として転職される薬剤師さんもいますが、残業や休日出勤など過去に経験している方も多いので、時間的に融通の利くパートとして働く事を希望される方も多いのが実情です

また、違う職場で働く事は最初は大変ですが、慣れればリフレッシュになって良い、という話もあります。

パート、アルバイトとして週1日からなど、掛け持ちに適した調剤薬局、ドラッグストアなどを探す時に便利な薬剤師求人サイトを

薬剤師 バイト・パート先を見つけたい

でご紹介しています。
こちらも合わせてご覧になってみてください。

薬剤師おすすめ派遣会社ランキング

薬剤師求人・派遣【ファル・メイト】インタビュー記事

薬剤師派遣