新生活に伴ってパート薬剤師の仕事を探す

4月から薬剤師パートとして働くには?

4月は新生活のシーズンですね。

3月末で勤めていた薬局を退職して4月から新しい職場を探したり、薬剤師としてブランクがあるけれども4月に合わせてパート薬剤師として復職したりと、春先から新しいスタートを切る方が多いと思います。

薬剤師パート求人も4月は増加傾向にありますので、紹介会社を利用することでスムーズに仕事が見つかる可能性が高いようです。

4月は新卒薬剤師が病院や薬局に勤める時期ですから、それに合わせてパート募集を行う薬局もあるんですよね。中には新卒薬剤師と共にベテラン薬剤師をパートで採用したい、指導係として協力してもらいたい、そう考える職場もあるのではないでしょうか。

薬剤師パートの求人自体は年間通して見ることが出来ますし、その傾向はすぐには変わらないことでしょう。正社員、アルバイト、パート、単発スポット派遣や一般派遣など、薬剤師の就職(転職)に関しては売り手市場が続いているんですよね。

特に派遣やパート求人は都内だけでなく、高齢者が多い地方でも見つけやすくなっています。時給に関しても、薬剤師不足が懸念されている地方都市の方が高いことがありますね。

4月は新生活のシーズンですから、今まで住み慣れた土地から離れて、新たな場所で薬剤師パートを探す方もいらっしゃると思います。

旦那さんの転勤で地方に引っ越す、逆に地方から東京や大阪、横浜、千葉、名古屋などの都市へ引っ越すこともあるでしょう。

都内で長く勤務した後、4月に田舎にUターンして、地元の調剤薬局や漢方薬局で働きたいと希望される薬剤師さんもいますね。

いずれにしても好条件、高時給の薬剤師パートを探したいところです。

まずは薬剤師紹介会社へ無料登録

時給が良い薬局やドラッグストアなら、たとえ扶養の範囲内で働く場合でも少ない勤務時間、勤務日数で済みますし、夜間や深夜営業のドラッグストアでパートを考えている場合も、高時給にプラスして深夜手当や夜間手当が付く方が稼げますよね。

その場合、やはり薬剤師紹介会社の利用がおすすめです。薬剤師パートに強い紹介会社には、好条件の薬剤師パート求人が含まれていることが多く、時給2,000円以上、2,500円以上の案件も紹介してもらえる可能性が高くなりますよ。

登録者限定で紹介を受けられる非公開求人もありますし、そのような非公開の求人募集の多くが好条件と言われていますので、まずは気軽に無料登録から始めると良いでしょう。

私も転職求人サイトを利用していますが、今までに何度も仕事紹介メールをもらいましたね。

急ぎで薬剤師パートを探したい、4月中に紹介を受けて働きたい、そう考えている場合も、状況によっては対応してもらえると思いますので、ぜひ薬剤師紹介会社への登録を行ってみて下さい。

薬剤師おすすめ派遣会社ランキング

薬剤師求人・派遣【ファル・メイト】インタビュー記事

薬剤師派遣