育児中に週2日くらい働けるパート薬剤師求人

子育てと薬剤師パートを両立する

子育て中に週2日くらい働けるパート薬剤師求人ですが、調剤薬局とドラッグストアで見つかる可能性が高いですね。

やはりお子さんが小さい内は、なかなか常勤で働けないと思います。年齢にもよりますが、乳児の頃は目が離せないですし、幼稚園に入っても自由な時間は少ないですよね。

小学校入学で少し落ち着くかもしれませんが、家事と育児に追われてフルで働くのは厳しい、でも薬剤師として仕事の勘を鈍らせたくない、ブランクを空けたくないという理由から、少ない日数でも働きたい薬剤師さんも多いようです。

週1日勤務の薬剤師パートもあるとは思いますが、その場合、単発スポット派遣の方が求人案件を見つけやすいと思います。単発で週1日、月2日~3日働くという選択肢もありますが、もう少し働ける場合はパート勤務の方が良いかもしれませんね。

単発スポットは毎回新たな薬剤師派遣求人を探す必要がありますが、パート勤務なら同じ薬局やドラッグストア、病院、医薬品卸会社、物流メーカーなどで働けますし、週2日くらいの勤務でも長く勤められる可能性が生じることでしょう。

私もそうですが、薬剤師さんの中には、新しい職場に慣れるまで時間がかかるタイプの方もいらっしゃると思います。仕事内容、役割の違いに慣れるまで時間がかかったり、人間関係や雰囲気に溶け込めるまで時間がかかることもあるんですよね。

その場合、同じ職場でパート薬剤師として働くことにより、1ヶ月後、2ヶ月後、半年後を見据えて働くことが出来るのではないでしょうか。

育児に理解ある職場を選びましょう

ただし子育てに理解ある職場かどうかがポイントになりますね。子供が幼い内は、急遽仕事を休まなければならない状況もあると思います。突発的な病気や怪我もありますし、どうしても駄々をこねて離れないケースもあるでしょう。

その場合、急な休みが必要になったり、早退、遅刻もありえますよね。

薬剤師の仕事にはシフトで入ることが多いと思いますが、それでも何とか休みが取れる職場、育児に理解ある職場かどうかが大切になります。

常勤で働くよりも休みは取りやすいと思いますが、周囲に同じ立場のママさん薬剤師がいたり、産休育休の取得実績があったり、託児所や保育所を完備している職場なら、育児への理解が深いと考えられますね。

薬剤師紹介会社の担当者に「育児中でも働きやすい薬局」など希望を伝えることにより、それに沿った求人案件を探してもらえますので、まずは気軽に紹介会社に登録してみて下さい。

インターネット上から無料で登録&利用できますし、登録者限定の非公開求人の紹介も受けられるようになりますよ。

薬剤師おすすめ派遣会社ランキング

薬剤師求人・派遣【ファル・メイト】インタビュー記事

薬剤師派遣