薬剤師 正社員とパート掛け持ち、どっちが稼げる?

パート掛け持ちの方が年収が高くなるケースも

正社員とパート掛け持ち、どちらが稼げるのでしょうか?

「正社員の方が稼げる」
「パート掛け持ちの方が高収入」

と一概に断言することはできませんが、一般的なイメージとして正社員の方が稼げるイメージがあるかもしれません。

正社員の平均年収は500万~550万と言われていますが、あなたのスキルとキャリアによっては、平均年収以上で雇用される可能性もありますよ。

年収700万~800万で働けるなら、パート掛け持ちよりも高収入かもしれませんね。逆に年収400万なら、掛け持ちでパート薬剤師を選択する方が稼げる可能性があります。

他の一般的な職種は正社員とパートで収入の開きが激しいですが、薬剤師はパートも高時給を得やすいんですよね。

平均時給2,000円というデータもありますし、時に時給3,000円~4,000円での募集も見られます。時給5,000円で募集されることもあるでしょう(レアなケースではありますが)。

もし時給3,000円の薬剤師パートを掛け持ちし、2つ合わせて1日8時間、週5日働けば12万の週給になりますね。月にすれば48万円です。単純計算になりますが、48万円に12ヵ月を掛ければ年収576万円ですから、正社員の平均を超えることになります。

また、労働基準法では以下のように休憩時間が決まっています。

『労働時間が6時間を超え8時間以内の場合は少なくとも45分、8時間を超える場合は少なくとも1時間の休憩時間を労働時間の途中に与える義務を負う』

要するに正社員として1日8時間以上働けば、途中で1時間の休憩が入るということです。しかしパートを掛け持ちして、1つの職場につき4時間ずつなら休憩時間は不要です。

もちろん休憩なしは現実的に厳しいですし、1日の内にパートを掛け持ちすれば移動時間も必要です。2つのパート先の距離が近くても、終業時間後、すぐに次のパート先で働くのは難しいと思います。

それでも理論的には「パート掛け持ちの方が使える時間は多い」と言えるのではないでしょうか。

福利厚生は正社員の方が良い

上記は収入だけで比較した場合ですが、正社員の方が福利厚生が充実していますね。

雇用保険、社会保険、退職金の規定だけでなく、有給休暇が付与日数が多かったり、予想以上にボーナスが支給されることもあるでしょう。託児所や保育所の利用に関しても、まずは正社員から募集が行われるケースが多いです。

その辺りの保障はパートよりも正社員の方が恵まれていますし、仕事のやり甲斐やスキルアップに関しても、社員が上回るのではないでしょうか。

正社員として薬局や病院、ドラッグストアで勤務すれば職歴が充実しますし、転職して年収アップに繋がることもありますよ。

そのようなメリット・デメリットを認識した上で、正社員とパート掛け持ち、どちらを選択するか決めて下さいね。

薬剤師紹介会社を利用すれば適切なアドバイスをもらえますので、気軽に利用してみて下さい。

薬剤師おすすめ派遣会社ランキング

薬剤師求人・派遣【ファル・メイト】インタビュー記事

薬剤師派遣