在宅薬剤師求人ニーズ

在宅あり調剤薬局からの求人が増加傾向

今後の薬剤師業務の中で求人ニーズがさらに高くなっていくと考えられている分野の一つに、在宅薬剤師業務があります。

高騰を続ける国の医療費を削減するために、在宅医療の重要性が益々高まってきていますが、そこで重要な役割を果たすのが在宅薬剤師と言われています。

在宅医療における薬剤師の役割としては、様々な役割がありますが、

など様々な役割が期待されています。

直接、住まいを訪問してコミュニケーションを取ることで、より詳しく患者さんの理解力であったり、嚥下能力、身体能力を見極める事が出来ます。

在宅薬剤師の役割、仕事

適切な剤形を把握する事は重要ですよね。錠剤を飲み込めない方もいらっしゃるでしょう。その際には経皮吸収型薬剤、ゼリー製剤などの選択肢も検討する必要もあるかと思います。

また、高齢の方は特にそうですが、薬が溜まりがちです。古いのがあるうちにまた病院にかかって薬をもらう。多く処方してもらう、手元にあると安心だから、違う病院に行く。複数の疾患を持つ方も多いですしね。

病院によく通われる方も多く、複数の病院にかかっている場合も少なくないため、薬が必要以上に増えやすいと。また、飲んだり飲まなかったりを自分の判断でする事もあります。(飲み忘れももちろん多いですが)

患者さんの中には薬に関しての専門書を買って勉強、自分で体調に合わせて服薬される方もいるんですね。

そうした方達も含めて、薬剤の専門家として情報提供、服薬管理を行う事は重要な役割として期待されていますし、しっかりと服薬管理をすることで無駄な薬を処方されることを防ぐ事が出来ます。

それはつまり、直接的に医療費抑制につながる部分ですから、在宅薬剤師としてしっかり取り組むべき部分と言えるでしょう。

薬に関しては複数の病院でもらってしまうと、飲み合わせの問題もありますよね。薬を飲んでいるのにかえってどうも体調が悪いと思ったら、飲み合わせが悪かった・・・といった事も考えられますよね。

そうした事もあり、在宅薬剤師として果たすべき役割は大きいものがあります。

自宅だけではなく、有料老人ホーム、サービス付高齢者向け住宅(サ高住)などにお住まいの方も増えています。病院以外で最期を向かえる方は増えていますし、今後もその流れは続くでしょう。

在宅ニーズの高まりを受け、在宅に取り組む調剤薬局も増えていますし、在宅診療メインの医療機関も増加しています。

新規立ち上げに際して薬剤師募集を見つける事もあるでしょう。オープニングスタッフ募集の場合には、まだ決められた仕事の形もありませんし、トラブルもつきもの。

大変な事も多いとは思いますが、仕事のやり甲斐に関してはとても大きいものがあります。他の仕事では得られないような貴重な経験が出来る場合も多いですから、今後の薬剤師のキャリアにはプラスとなると思います。

新規オープン調剤薬局などからの薬剤師求人を見つけた場合には、希少な求人でもありますから、積極的に挑戦してみても良いのではないでしょうか。

薬剤師おすすめ派遣会社ランキング

薬剤師求人・派遣【ファル・メイト】インタビュー記事

薬剤師派遣