ダブルワークで薬剤師バイトを探す

ダブルワークが可能な薬剤師求人もあるんです

薬剤師として働きつつ、ダブルワークとしてアルバイトを掛け持ちしたいとお考えの方もいらっしゃると思います。

日中は調剤薬局、夜はドラッグストアでアルバイトなど、実際にダブルワークを行っている薬剤師さんもいます。

薬剤師がダブルワークとして働く上で、まず大切なことが確認ですね。

あなたが働いている職場は、他にアルバイトが可能な職場でしょうか?

医療機関によっては掛け持ち自体NGの所もあります。コンプライアンス上問題があったり、患者さんから見て不自然に思われたり、そのような理由からWワークを認めていない職場もありますので、しっかり確認しましょう。

次に、管理薬剤師として働かれている場合は(当然ながら)、副業が禁止されています。

最後に体調が万全かどうかも大切な要素となりますね。ダブルワークとして働く以上、すでに働いている職場に迷惑をかけないことは常識です。

新たに見つけた薬剤師バイトが忙しく、そちらに気持ちを奪われて、もう一方の職場に迷惑をかけることはやめましょう。特に薬剤師さんは医薬品を扱う仕事ですから、集中力が削がれた状態では仕事にならないと思います。

医療過誤の危険性もありますから、あくまでゆとりを持ってダブルワークを探されると良いでしょう。

薬剤師バイトを2つ掛け持ちするパターン

別なパターンとして、薬剤師バイトを2つ掛け持ちすることもありますね。結婚や出産を機に家庭に入り、少し状況が落ち着いたので、本格復帰の前にアルバイトを探したい、そのような方もいらっしゃると思います。

その場合、平日に調剤薬局、土日にドラッグストアで働くパターンもあれば、平日お昼に調剤薬局、夜にドラッグストアという選択肢もあります。

ダブルワークも状況によって変わってきますので、どのような働き方がマッチしているのか、一度人材紹介会社に相談されてみて下さい。

例えば、東京を中心とした関東エリア、大阪を中心とした関西エリアに強い薬剤師人材派遣・紹介会社としてファル・メイトという会社がありますが、こちらは薬剤師単発派遣の求人紹介にも対応してくれていますから、掛け持ち・ダブルワークでお仕事探しをされる際にも便利では、と思います。

全国対応ですから、札幌や広島、福岡、熊本といった地方都市にお住まいの方も情報収集に活用されてみてはいかがでしょうか。

単発派遣も対応可!薬剤師専門×高時給【ファル・メイト】

人材紹介会社にはキャリアコンサルタントが在籍していますので、転職・就職に関する相談事に乗ってくれますよ。

ファルマスタッフでダブルワーク歓迎の薬剤師求人を探す

薬剤師求人数、業界最大級!

ファルマスタッフを活用する事でも「ダブルワークOK」「Wワーク歓迎」のドラッグストアや調剤薬局を探す事が出来ます。

薬剤師としてダブルワークで働く場合、働く時間帯として夕方、夜間帯を希望される方も多いと思います。

また、休日や連休を利用して働きたい薬剤師さんもいらっしゃるでしょう。

非常に多くの薬剤師求人数を誇るファルマスタッフを活用する事で、「夜間・夕方での高時給アルバイト」や「週1回、日曜のみ勤務」といった都合に合わせて働きやすい職場探しをサポートしてもらえます。

希望の時給などがあれば、合わせて相談されてみてはいかがでしょうか。

求人の中には、月1回程度の出勤から応相談といったような、かなり融通の利いた働き方が出来る職場も見つかる事もあります。

空いた時間を活用してダブルワークをお考えの方には、働きやすいのではないでしょうか。

ファルマスタッフは正社員求人も非常に豊富ですし、パート、派遣など幅広い薬剤師さんの働き方に対応して職場探しをサポートしてくれます。

ダブルワーク歓迎の薬剤師求人多数!【ファルマスタッフ】

薬剤師 バイト掛け持ち!週1日~OKの仕事

薬剤師がバイトを掛け持ちするには、本業の忙しさにもよりますが週1日~OKのアルバイト先が見つかると、働きやすい方も多いと思います。

短時間だけの掛け持ちバイトも働きやすいですね。

夜間・夕方の2,3時間など、高時給の時間帯で働く事で効率良く収入を得る事が出来ます。
土日勤務など、週末のお休みを利用して1日働きたいというご希望をお持ちの薬剤師さんもいらっしゃるかもしれません。

ファルマスタッフなどを利用する事で、週1日からアルバイト可能な職場で、さらに希望の時間なども調整を依頼出来ますから、仕事探しにはとても便利ではと思います。

給与アップ&年収アップ!薬剤師 ダブルワークは意外と多い!?

ダブルワークを希望される薬剤師さん、意外と多いということです。

単発・スポットでの薬剤師求人が、まだまだ探やしやすいといった状況も大いに関係ありそうですね。

薬剤師不足が解消されない地域、求人に対して応募がどうしても集まらない調剤薬局などは実際出てきてしまいます。

通勤が少し不便、といった事だけで求人に対して反応(応募)がやはり減ってくるケースが多いのだそうです。

そうはいっても薬剤師は必要。

ですから人手不足を解消する方法として、単発・スポットで働ける薬剤師を探す、という単発派遣の働き方に関しては、なかなか無くなることはないのではと考えられますね。

繰り返しとなりますが、本業があって(給与のメインとなるパート、派遣も含めて)掛け持ち・副業として薬剤師として1日、数日など短期バイトで稼ぐ大きな目的はやはり、

給与アップ&年収アップ

のためという薬剤師さんは多いようです。

薬剤師の平均年収は他の職業よりも高年収である場合も多いですが、勤務先によってはやはり思ったほど手取りが得られない場合もあります。

基本給が低く抑えられているために、ボーナス・賞与が少ないと言った事に対して不満をお持ちの薬剤師さんもいらっしゃると思います。

でも転職までは踏み切れなかったり、職場の人間関係は良いので退職は考えていない、といった場合。

そうした場合にも休日を利用してダブルワークを希望される薬剤師さんはいらっしゃいますね。

給与アップのために単発・スポットでの薬剤師バイト。

薬剤師の時給は2,000円以上が多いですから、1日アルバイトするだけでもしっかり稼ぐ事が出来ますね。

薬剤師としてダブルワークを希望される方は、体力的に無理のない働き方が前提となると思いますが、上記でご紹介したような薬剤師単発派遣にも対応してくれる、専門の派遣会社を活用される事をオススメいたします。

単発派遣も対応可!薬剤師専門×高時給【ファル・メイト】

ダブルワーク歓迎の薬剤師求人多数!【ファルマスタッフ】

薬剤師おすすめ派遣会社ランキング

薬剤師求人・派遣【ファル・メイト】インタビュー記事

薬剤師派遣