夜間掛け持ちOKの薬剤師バイトに関して

ダブルワークOKの求人探しのポイント

夜間掛け持ちOKの薬剤師バイトに関する情報です。

薬剤師として日勤で働きながら、夜間に別な職場でアルバイトをする方法があります。

そのような掛け持ち・ダブルワークで働く際に気を付けるポイントとして、まずはダブルワーク可能な職場かどうかを確かめる必要がありますね。

メインで働いている調剤薬局や病院、ドラッグストア、製薬会社などの就業規則を見れば、掛け持ち可能かどうか分かります。分からない場合はさりげなく周囲の薬剤師に聞いてみると良いでしょう。

公務員・国公立の病院で勤務していたり、管理薬剤師と働いている場合はダブルワークが出来ないと思いますので注意して下さい。

遠くの職場ならバレないかも…と思って働く方もいますが、そのような気持ちで調剤業務や服薬指導、医薬品の説明を行うと集中力が削がれる可能性がありますので、避ける方が良いでしょう。

特に薬剤師はミスが許されない仕事ですしね。

掛け持ちでアルバイト可能と分かれば、次に行うのは求人探しです。夜間掛け持ちのアルバイトとして多いのは、24時間営業のドラッグストアですね。

昼間は調剤薬局で働き、夜はドラッグストアで勤務するという方法があります。毎日は辛くても、週末の夜だけ働いたり、週2~3日出勤するこでペースを掴めるのではないでしょうか。

薬剤師紹介会社に登録して希望を伝えましょう

薬剤師業界はまだまだ売り手市場と言われていますから、少々強引な希望でも通ることがあります。

ハローワークや仕事情報雑誌で求人探しを行う場合は、なかなかこちらから条件提示をしづらいですが、薬剤師紹介会社を活用することで、条件の折り合いが付けられることがありますよ

具体的には、紹介会社に登録後、担当者に希望を伝えてみて下さい。

「自宅近くで働けるドラッグストア」「週1回だけ働きたい」「土日祝日だけ夜間掛け持ちしたい」など、まずは条件を整理した上で、担当者に条件を伝えるようにしましょう。

その条件で働くことが厳しい場合もあれば、条件に近い薬剤師バイト求人を探してもらえることもありますので、まずは積極的に求人探しを行うことですね。

夜間掛け持ちは体力的・精神的に厳しいこともあります。そうなればメインで働いている職場に迷惑をかける可能性もありますので、あくまで余裕を持ちながら働くようにして下さい。

その辺りの詳細についても、薬剤師紹介会社・求人サイトで相談されてみて下さいね。

当サイトから最も利用されている人材紹介会社はこちら

薬剤師おすすめ派遣会社ランキング

薬剤師求人・派遣【ファル・メイト】インタビュー記事

薬剤師派遣