短期・単発バイト(単発派遣)をメインで働く薬剤師の働き方、年収

薬剤師の短期・単発バイト

薬剤師の働き方として、「プライベートを重視」したり「時間的な自由度の高さ」を求めるのであれば、短期・単発バイトをメインにしての働き方も可能です。

ご覧になっている薬剤師の方の中にも、短期バイトや1日だけの単発バイトをされたことがある、という方も多いのではないでしょうか。

これから薬剤師単発バイトを探して、都合の良い日に働きたい、と言う事で求人探しをされている方もいらっしゃるかもしれませんね。

こうした短期・単発バイトについては薬剤師派遣会社を利用して紹介してもらう方法が一般的です。

薬剤師単発派遣に強い派遣会社はこちらご紹介しています

短期・単発バイトをメインで働くメリット

短期・単発のお仕事をメインにした場合、時間に融通が利きやすいのが一番のメリットですよね。

そして薬剤師の仕事は、短期・単発バイトであっても高時給です。東京や大阪、名古屋、福岡など都市部でも時給2,800円以上といった高時給で派遣求人が見つかる事も多いです。

時給2,800円で1日8時間働く事が出来れば、日給22,400円です。働きたい期間だけ、短期バイトをする働き方であっても生活するために十分な年収を稼ぐ事は可能です。

月に10日働くだけでも月収20万円を越える事が出来ます。上手くお仕事を見つける事が出来れば、年収300万円以上を稼ぐ事は十分可能と言えます。

時間的に融通が利きやすいメリットを活かした働き方

時間に融通を利かせて働くことが出来るといったメリットを考えても、十分に割の良い収入となるのではないでしょうか。

そのため、趣味の時間を重視したり、家族の都合に合わせて今は働きたいといったママ薬剤師の方、他には密かにアーティストとしてプロデビューを目指しているため練習時間や作品制作のために時間が欲しい、といったような方も、短期、単発バイトをメインでお仕事されている場合もあります。

勤務日数少なめのパートに単発バイトを掛け持ちで、といった働き方をされている薬剤師さんもいらっしゃるようです。

短期、単発の薬剤師求人を上手く見つける事が出来ると、かなり自由度の高い働き方をする事が可能となります。薬剤師派遣会社に登録をしておく事で、週末働けるので仕事を紹介して欲しい、といったようなリクエストも可能となります。

子育ての合間、介護の合間に生活費をサポートするために収入を得たい、といった事でお仕事されている方もいらっしゃいますね。

子育ても介護もお金が掛かります。特に介護離職は色々な面からも避けた方が良いと思います。時々でも働く事で社会との繋がりも維持する事が出来ますし、収入も得ることが出来ます。

そういった場合にも働き方として時間の融通が利きやすい短期、単発バイトはメリットは大きいといえるでしょう。

薬剤師短期・単発バイトでの注意点

短期・単発バイトをメインに働く際に気をつけたい注意点としては、福利厚生面があります。

社会保険に加入したい場合、現状の短時間労働者の社会保険加入の条件は以下の3つとなります。

短期、単発のお仕事を中心に働く場合には、社会保険に加入出来ませんから長期で働く場合にはその将来的なリスクも十分に、検討される事が必要と言えます。

また、時期によっては求人数が減ることも理解しておく必要があるでしょう。

大型連休が続く時期は、主な職場となる調剤薬局もお休みになる場合が多いです。ゴールデンウィーク、お盆、年末年始などは働きたくても仕事が見つからない・・・といったケースも多いです。

お住まいのエリアによっては、年中無休で営業するため、むしろ常勤スタッフが休みを取るので、単発派遣で依頼がある場合もあったりします。

求人状況に関しては、薬剤師派遣会社が詳しいです。お仕事を希望される場合には、事前に確認されてみても良いかもしれませんね。

一年の中で、短期・単発バイト求人が多い時期など、質問されると回答をもらえると思います。

繁忙期は短期、単発での派遣薬剤師求人は増える傾向にありますね。調剤薬局が忙しくなる時期といえば、花粉症時期、インフルエンザ時期などが代表的ですね。

時間に融通が利きやすい短期、単発バイトに関して、薬剤師求人をお探しになりたい場合には、

薬剤師単発派遣に強い派遣会社

などでご紹介しているような薬剤師派遣会社の活用がオススメです。

薬剤師おすすめ派遣会社ランキング

薬剤師求人・派遣【ファル・メイト】インタビュー記事

薬剤師派遣