働きたい時だけ薬剤師として働くには?

勤務形態の自由度が高い薬剤師の仕事

国家資格である薬剤師資格。

薬剤師としての勤務形態は他のお仕事と比べて、自由度は高いと言って良いと思います。

そのため、週1日勤務~OKの薬剤師求人も多く見ることが出来ますし、午前中のみパート勤務、バイト勤務といった働き方も出来ます。

「週に1回なら働けるのに・・・」

「金曜日だけなら働けます」

「夫が休みの水曜日は、私も働きたい」

といったように週に1回だけ薬剤師として調剤薬局やドラッグストアで働くといった事も可能です。

普段は育児に忙しい毎日であっても、ブランク予防のために週1回だけでも働きたい、育児でずっと家にいるとストレスが溜まってしまって・・・という方でも、こうした週に1日だけ働くといった形であれば、薬剤師として働きにはでやすいですよね。

親の介護をされている方も時間が無いでしょう。
しかし、仕事に出る事はとても良い気分転換にもなりますし、生活費を稼ぐことも大切です。

親族が見てくれる日やデイサービスを利用している日に1日だけ働く、短時間勤務でパート薬剤師として働くと言ったことも、薬剤師としてであれば可能な求人募集があります。

都合の良い日、働きたい日に仕事を入れる事が出来れば、本業が休みの日に働きたい薬剤師の方にはダブルワークOKの求人も探しやすいですね。

週に1日からOK、働きたい時に薬剤師として働くための求人探し

週に1日からでも勤務OK!な薬剤師求人は意外と多く、エリアによって求人数に差はありますが、職場を選びすぎなければ比較的見つけやすいと思います。

都合の良い日、曜日に働くために便利な薬剤師求人サイトを、

こちらのページ

でご紹介しています。

上記ページでもご紹介しているように、

などは週1日勤務可の薬剤師求人の情報も充実していますし、短時間勤務可能な求人も見つけられるでしょう。

それぞれのご家庭で働く事が出来る曜日、時間などあると思います。

勤務可能な条件をあらかじめ決めておいて、上記のような薬剤師求人サイトを利用して相談されると求人探しがスムーズに進むでしょう。

特定の条件下であれば30日以下の短期でのお仕事も出来ますから、まずはどんな働き方が可能な、実際にどんな時給、給料、仕事内容で薬剤師求人があるかを問い合わさされると良いと思います。

ちなみに、働く際には薬剤師賠償責任保険への加入は確実にしたいですね。

万が一の際の保険です。

また交通費支給かどうかも確認して見てください。
交通費を自腹で出すか、支給されるかの金額は結構、大きいんです。
(薬剤師派遣の場合、大抵は交通費支給だと思いますが、念のため)

単発派遣も対応可!薬剤師専門×高時給【ファル・メイト】

薬剤師おすすめ派遣会社ランキング

薬剤師求人・派遣【ファル・メイト】インタビュー記事

薬剤師派遣