薬剤師 日雇い派遣の働き方

単発派遣で働ける条件

薬剤師、日雇い派遣の働き方に関するページです。

2012年10月の労働者派遣法改正により、労働期間が30日以内の日雇い派遣(単発派遣)は原則禁止となりました。

しかし以下の条件に該当すれば、30日以内の短期間でも派遣が認められていますね。

まずは「上記のいずれかに該当しているか?」を考えてみて下さい。

自分では日雇い派遣で働けないかも…と思っても、正確に知るには派遣会社に相談すると良いですよ。その際は薬剤師専門の派遣会社がおすすめです。

日雇い派遣だけでなく、アルバイト、パート、正社員求人に対応している会社がありますし、そのようなサービスを利用すれば、たとえ日雇い派遣が難しくても、単発パート、短期バイトを紹介してもらえるでしょう。

ここでは、日雇い派遣の条件を満たしていることを前提に進めますね。

日雇い派遣は時給が高い?

『日雇い』という響きにあまり良いイメージを持っていない方もいますが、薬剤師の場合、アルバイトやパートよりも派遣の方が高時給のケースが多いんですよね。

同じ仕事内容でも、単発バイトは時給2,500円、日雇い派遣は時給3,000円、という例が多いですし、中には時給4,000円以上の派遣求人も見られます。

求人数で比較すれば、東京や千葉、神奈川、埼玉のような関東エリアが多いですが、地方の市町村が時給4,500円以上で募集しているケースもあるんですよね。北海道で時給5,000円の派遣求人が実際に見られましたし、東北や四国でも高時給の案件が見つかる可能性があるでしょう。

その理由に「薬剤師が少ない地域=ニーズが高い」がありますが、総じて日雇い派遣の時給が高い理由としては、

が挙げられます。

日雇い派遣を考えているのは『緊急で薬剤師を確保したい』という薬局経営者が多いので、高時給で募集することが多いんですよね。

その分、素早く職場に適応できて、スムーズに仕事に入れる即戦力が求められます。調剤未経験でも働ける可能性はありますが、日雇い派遣となれば、やはり経験豊富な人材が求められるでしょう。

そのため、薬剤師として豊富な経験があり、しっかりとしたスキルを身に付けていれば、日雇い派遣で働きやすいと言えますね。

日雇い薬剤師派遣の魅力・メリット

日雇い派遣は1日単位だったり、長くても数日間の働き方ですから、繰り返すことで様々な職場を体験できますね。

薬剤師のキャリア形成として、複数の調剤薬局、ドラッグストアでの就業経験は貴重ではないでしょうか。職歴としての評価は低いかもしれませんが、ご自身のキャリアとして得るものが多いと思います。

様々な調剤薬局を経験することで、将来的にフルタイムで働く際に比較できますし、スムーズにシフトにも入れるでしょう。そのようなメリットも日雇い派遣にはあるんですよね。

病院は日雇い派遣で働けませんが、調剤薬局やドラッグストアが急募することがありますから、まずは薬剤師派遣会社に相談して下さい。

正社員として働くよりも自由度が高いですし、長期的な派遣よりも人間関係に悩まなくて良いのが、日雇い派遣の魅力ですね。

1日~数日単位で派遣契約が終了しますので、人間関係に深入りしなくても良い、すぐにリセットできる、というメリットは大きいと思います。

ぜひ薬剤師専門の派遣会社を利用して、好条件の派遣求人を見つけて下さいね。

薬剤師おすすめ派遣会社ランキング

薬剤師求人・派遣【ファル・メイト】インタビュー記事

薬剤師派遣