薬剤師として短期派遣で働く

薬剤師派遣 短期で働くには

派遣薬剤師として短期派遣で希望の期間、働くためには薬剤師派遣会社を利用して求人紹介を受ける必要があります。

短期派遣で働く場合には、都合に合わせて働きたい場合には最適な働き方といえますね。

派遣会社を選ぶ際には、大手の派遣会社を選ぶ事をオススメいたします。

派遣スタッフの雇用環境、条件の厳守には力を入れています。
もし派遣先で問題があった場合には、遠慮せずに相談をされることをオススメします。

もちろん自分が派遣先でミスをして問題を起こしてしまった場合も、同様に相談されることをオススメ致します。
可能な限りのフォロー、サポートがあるはずです。

短期派遣は高時給で働きやすい

薬剤師の雇用スタイルは様々です。

正社員もあればアルバイト、パート、一般派遣、紹介予定派遣、そして短期派遣がありますね。

単発スポット派遣より長く働きたい、3ヵ月から6ヵ月働きたいなど、半年以内の短期薬剤師派遣の仕事を探している薬剤師さんも多いと思います。

派遣求人の時給はアルバイト、パートより高額のケースが多いですし、月額換算すると正社員よりも高い給与で働けることもありますね

派遣先として多いのは調剤薬局とドラッグストアですが、医薬品卸起業や物流メーカーの派遣求人が見つかる可能性もありますし、タイミングによっては病院の派遣求人を紹介してもらえることもあるでしょう。

派遣薬剤師の求人は、東京や大阪のような都心部に限らず、地方でも見つけやすいと言われていますね。薬剤師紹介会社、派遣会社の担当者のインタビューを見ても、「地方は高齢者が多いので派遣薬剤師のニーズが高い」と語っていましたね。

短期派遣の薬剤師求人を探しやすい派遣会社

短期派遣で働く理由としては、病院や製薬会社への転職活動をしながら、正社員の仕事が決まるまで繋ぎとして働いたり、家事や育児との両立を考えていたり、ダブルワークとして短期派遣を希望することもあるでしょう。

共通しているのは「少しでも高時給で働きたい」という思いではないでしょうか。

派遣薬剤師の求人は全体的に高額ではありますが、時給2,000円の派遣求人もあれば、時給3,000円、中には時給4,000円の派遣求人もあります。

派遣として働くには派遣会社に登録する必要がありますし、その派遣会社がどのような派遣求人を保有しているか、高時給の派遣求人が多いかどうかでも変わってきますね。

その辺りは薬剤師派遣会社によっても異なるので、まずは複数の派遣サービスに登録して、紹介を受けるようにして下さい。

あまりに多すぎると逆効果になりかねませんが、最低でも2社に派遣会社に登録すると良いですね。当サイトから良く利用されている短期派遣に強い薬剤師派遣会社として以下があります。

満足できる薬剤師の仕事探しとして有名なファルマスタッフ、週1日、3時間から働ける派遣求人なども探せる『薬キャリ派遣』、共に人気が高い薬剤師紹介サービスですね。

派遣薬剤師の単発求人が見つけやすいのであれば、1日単位で都合の良い日にお仕事が入れられる方が働きやすい薬剤師さんも多いかもしれませんね。

ファル・メイトも短期、単発など柔軟に対応してくれます

家計をサポートしたい、ブランクを空けたくない、子育てが終わって無理なく働きたいなど、短期派遣を希望する理由は様々ではありますが、まずは上記2社に無料登録して紹介を受けてみて下さい。

どちらも短期派遣の求人を紹介してもらいやすい派遣会社ですよ。

薬剤師 派遣 短期で働くメリット・デメリット

高年収を得るためにメインでとお考えになるには、少々デメリットの方が強まるかもしれませんね。

短期の派遣薬剤師として働く場合のメリットとしては、

といった事などが挙げられます。

派遣薬剤師として働くメリットの中でも、短期派遣の場合にはさらに高時給で働ける求人が多いため、短期間で集中して稼ぎたい場合には向いていると言えます。

派遣で働く場合、目的としては期間もあります、高時給で働ける、と言う事も大きいと思いますからね。

薬剤師さん一人ひとりの希望条件に合わせて、派遣先となる調剤薬局や企業、ドラッグストアなどを探してくれる派遣会社。

交渉力があり、求人数が多いところがオススメです。

短期の派遣薬剤師として働く場合のデメリットとしては、

短期派遣の薬剤師として働く場合、元々期間限定を希望されていると思いますので、契約更新は元々期待していない薬剤師さんが多いかと思います。

違う職場で短期派遣で働く事を希望されている方はいらっしゃるかもしれませんね。

高時給の求人が多いことから、次の仕事を早くと希望しても場合によっては次の短期派遣求人が見つからない事も考えられます。

派遣会社の担当者も頑張ってくれますが、求人ニーズが無ければ難しい事は理解しておくべきと思います。

もちろん短期派遣の仕事を希望される場合には、今の派遣先の契約が終わる前から探し始める薬剤師さんが多いですから、仕事が全く見つからずに契約を終える、と言った事は少ないのかも知れません。

お仕事を希望される薬剤師さんによって重視するポイントは違ってくると思います。
また、住んでいるエリアによっても求人数がかなり違ってきますので、次の短期派遣求人が見つからないことをあまり心配しなくても良いエリアの方もいるでしょう。

派遣薬剤師の求人状況に関しては、派遣会社に確認をされるのが確実です。

基本的には調剤経験があれば、短期派遣や単発派遣で働く事に問題が無い場合が多いですが、心配な場合には派遣先でどういったスキル、経験が求められているか。
また、どういった業務内容となるかを求人へ応募する前に確認をされることをオススメいたします。

メリット、デメリットと両方を抑えて働く事が薬剤師派遣の働き方を選ぶ際には、重要といえますね。

⇒ 薬剤師の単発派遣求人をお探しの方へ

薬剤師おすすめ派遣会社ランキング

薬剤師求人・派遣【ファル・メイト】インタビュー記事

薬剤師派遣