派遣薬剤師でも住宅手当は付く?

住宅手当ありの派遣薬剤師求人の探し方

派遣薬剤師として働く上で、手当は厚い方が良いですよね。

中でも住宅手当が支給されれば、家賃負担が軽減されますし、その分貯金したり、他にお金を回すことが出来ます。

正社員求人の中には、住宅手当や住宅補助、社宅・寮ありの募集も見られますが、派遣の場合も同様なのでしょうか?

結論からお伝えしますと、正社員ほど多くはありません。しかし利用する派遣会社によっては、福利厚生、社会保険、高額時給で働くことが出来ますし、住宅手当の支給を行っている会社もあるようです。

また、派遣先から住宅手当を得られることもあります。その場合に良く見られるのは、住宅の提供や引越し費用の負担ですね。

借り上げマンションを利用できたり、遠方から転居する際に引越し代金を負担してもらえたり、好条件で働ける可能性が高いでしょう。

他の業界でも派遣で働いている方は多いですが、引越し料金や住宅の提供、住宅手当まで支給してもらえる会社は少ないので、薬剤師業界はまだまだ売り手市場と言えますね。

ただし利用する薬剤師派遣サービスによっても、仕事探しの結果は変わります。

まず大切なのが「あなたがお住まいの地域に強い派遣会社かどうか」ですね。

中には東京や千葉、埼玉など関東地方には強いけれども東海エリア、中国・四国エリアに弱い派遣会社もありますし、大阪や名古屋には対応していても、北海道に拠点を持っていない紹介会社もあります。

同じ東京の薬剤師派遣会社でも、利用する会社によって求人数も変わりますので、その辺りをしっかり情報収集した上で派遣登録されると良いですね。

しかし情報収集に時間を掛けすぎるのもリスクが高いです。その間に好条件、高時給の薬剤師派遣の募集が終わったり、人気の薬剤師派遣が定員に達することは良くあります。

私も以前、気になる求人をお気に入りに追加していたのですが、数日して再チェックしたところ、すでに募集が終了していたんですよね。

素早い行動が必ずしも良いわけではありませんが、機会損失を減らすためには、まず1~2社の派遣サービスに登録してみると良いでしょう。

有料サービスは利用前に熟考すると良いですが、薬剤師派遣会社は無料で利用できますので、リスクなく活用できますよ。

派遣会社としても、掛け持ち登録を推奨していることがありますので、比較検討しながらサポートを受けてみてはどうでしょうか?

その際はもちろん「住宅手当ありの薬剤師派遣を希望します」と伝えて下さいね。

薬剤師おすすめ派遣会社ランキング

薬剤師求人・派遣【ファル・メイト】インタビュー記事

薬剤師派遣