派遣薬剤師の自由度について

派遣は正社員やパートより自由度が高い

派遣薬剤師は自由度が高い働き方ですね。

正社員のような直接雇用は休みを取りづらいですし、アルバイトやパートで働く場合も、人間関係というしがらみが強いです。しかし派遣なら…そのような悩みから解放されやすいですよ。

派遣期間に急な休みが取れるかどうかは職場にもよります。急な休みや遅刻、早退が難しい薬局やドラッグストアもありますが、それでも正社員より対応してもらいやすいでしょう

また、期間限定の薬剤師派遣なら、長期の休みを取りたい季節を外して働くことも出来ますね。

たとえば夏休みは家族旅行に行くので、今回は夏前で終わる短期派遣で働く。冬はスキーに通うので、秋に集中して短期派遣を入れる。そのような働き方が可能です。

人間関係に関しても、正社員のように長期勤務が前提なら難しいこともありますが、派遣は契約期間が決まっていますから、割り切って働きやすいですね。

少々苦手な管理薬剤師がいても、派遣期間だけの付き合いと思えば、我慢して働けるのではないでしょうか。

ドラッグストアで働く場合、薬局よりも関わる人間が多いかもしれません。登録販売者が働いていますし、規模が大きなドラッグストアはアルバイトやパートが多いですよね。

お客さんの数も多いでしょうし、中にはクレーマーに近い顧客がいるかもしれません。私も以前、販売の仕事を行っていましたが、理不尽なクレームも多かったです。

そのようなお客さんに出会うのは確率の問題ですし、接する人間が多ければ多いほど、その確率は上がっていきます。しかし派遣と割り切って働く場合、長く一人のお客さんと付き合う必要はありませんので、そのような部分でも自由度が高い働き方と言えますね。

派遣はプライベートの自由度も高い

派遣期間はプライベートの自由度も高いと思われます。

派遣薬剤師はアルバイトやパートよりも高時給で働きやすいですし、時に正社員以上に稼げることがあるんですよね。…にも関わらず、社員より働く時間が短ければ、その分プライベートの時間を自由に確保できます。

派遣で働く場合、突発的な残業もほぼありませんし(派遣元と派遣先の契約のため)、仕事後の予定も立てやすいはずです。

友人や恋人、家族と待ち合わせしても、急な残業で遅れてしまった…結果的にキャンセルになってしまった…というケースは、社員なら良くありますね。

しかし薬剤師派遣は計画的に働くことが出来ますので、プライベートの計画を立てやすいですし、仕事以外の時間の自由度が高いですよ。

ぜひ派遣求人を探して、実際に働いてみて下さいね。

薬剤師おすすめ派遣会社ランキング

薬剤師求人・派遣【ファル・メイト】インタビュー記事

薬剤師派遣