派遣薬剤師の年収・給与

派遣薬剤師として働く際の年収・給与について

薬剤師としてキャリアを積んできて、何らの事情があって転職を検討されている方も多いと思いますが、次の働き方として派遣薬剤師をお考えになっている方もいらっしゃると思います。

派遣薬剤師として働く際の魅力というと、

「高時給で働く事が出来る」

という事がまず挙げられるかなと思います。

薬剤師派遣会社のサイトを見ると、

時給3,000円以上!
時給4,000円以上!

といった文字が大きく掲載されている事も少なくありませんし、実際に高時給の薬剤師派遣求人も多数見つかるエリアも多いです。

東京・大阪といった都市部でも多く見つかりますが、地方都市ほど好条件で薬剤師求人が見つかりやすい状況は引き続き続いています。

他には残業が少ない、勤務日数を予め契約で決めておけるといった事もあり、実際に家庭や育児と両立を目指すママさん薬剤師も多く派遣形態でお仕事をされていますよね。

これまで派遣薬剤師の平均年収・相場としては、500万円~600万円、時には700万円といった高収入での募集が多く見られました。

勤務先で大きな差!薬剤師の年収・給与

薬剤師の年収・給与ですが、勤務先によって大きく差があるのはご存じかと思います。

ドラッグストアと調剤薬局、病院を比較すると、相場としてはドラッグストアの薬剤師の方が高給与ですよね。とはいっても平均年収700万円以上のドラッグストアもあれば、400万円台の所もあります。

勤務先によって大きく得られる給与が違いますから、次の転職では気にしてみると良いかもしれませんね。

最初の就職ではそこまで気を回さなかった方も多いと思うんですよね。まずは就職先を決める事、内定をもらう事を重視して就活される方も多いと思いますからね。

キャリアを積んだ次の転職では、期待出来る年収、福利厚生、各種待遇、転勤の有無など色々な事をしっかり情報収集して、働きやすい職場探しをしたいですね。

とはいえ、派遣もメリットだけではなく、デメリットもあります。

あまり無い事例かとは思いますが、勤務先によっては急激に利益が下がり、人件費をカットする必要に迫られることも考えられます。その際にリストラされるのは、やはりパート、派遣といった雇用形態で働いているスタッフです。

人手不足がまだ続く薬剤師ですから、次の仕事も比較的見つかりやすい状況であるとは言え、そうしたデメリットについても納得した上で求人探しを行う必要はありますよね。

調剤基本料の動向にも注目です

ちなみに2016年度の診療報酬改定は「薬剤師の技術料の引き下げが焦点」だと言われています。特に門前薬局は狙われているとされていますから、派遣先としては避けた方が良いかもしれません。

こうした薬局経営の根幹に関わる診療報酬改定は、薬剤師の給料に影響を及ぼすことも多いですから(特にパート、派遣)注目してみて頂きたいと思います。

ですから、しばらくは派遣薬剤師として経験を積みつつ、いずれは正社員として再び転職、という希望の方は増えそうですね。

薬剤師おすすめ派遣会社ランキング

薬剤師求人・派遣【ファル・メイト】インタビュー記事

薬剤師派遣