留学資金を短期間で貯めたい時の薬剤師求人

海外留学のための資金を貯める

留学資金を短期間で貯めたい薬剤師さんへ。

留学するにはお金が必要ですよね。どの国に留学するか、どのくらいの期間留学するか、どの語学学校に通うかによって必要なお金は変わりますが、いずれにしてもある程度の貯金、預金が必要になるでしょう。

出発前の費用だけでも、航空運賃や海外留学保険、パスポート・ビザ申請料など掛かりますし、留学後の滞在費、交通費、食費を見込む必要もあります。

そう考えると、国によっては200万~300万以上、留学資金が必要になりますし、最低でも150万円は貯めたい所です(あくまでもケースバイケースですが)。

普通に仕事をして留学資金300万を貯めるのは難しい…少なくとも長い年月が掛かるかもしれませんが、薬剤師資格をお持ちのあなたなら、短期間で貯まる可能性が高いでしょう。

留学はタイミングですし、20代、30代の内に海外で経験を重ねることが大切ですよね。

40代、50代になれば、もう留学を考える機会もないでしょうから、若いうちの海外留学、そのための資金として、高給与・高時給の薬剤師求人を探してみて下さい。

留学費用を逆算して薬剤師求人を探す

留学資金を効率よく貯めるには、まずいくら貯めたいか?を明確にすると良いですね。

先ほどお話ししたように、国や滞在期間によって留学費用は異なりますので、あなたが留学を考えている国の情報、留学に関する情報収集を行って下さい。すでに留学を経験している方がいれば、直接話を聞いても良いですね。

今はインターネットが発達していますから、ブログやサイトで留学経験を記載していたりもします。FacebookやTwitterのようなソーシャルネットを利用して情報収集しても良いでしょう。信頼性は考慮する必要がありますが、一定の参考にはなりますね。

そのような情報を元に必要な留学資金が分かれば、その金額をどのくらいの期間で貯めたいのか?を考えて下さい。

たとえば留学費用200万円を半年で貯めたいと思えば、月に33万円の貯金が必要になります。33万円を25日(労働日数)で割れば、1日13,200円ですね。13,200円を8時間で割れば1,650円です。そう考えると、時給1,650円で月25日、6ヶ月働けば(計算上は)200万円貯まることになります。

現在実家暮らしなどで生活費が掛からなければ、時給2,000円もあれば充分に貯まる金額ではないでしょうか。一人暮らしの場合は、他に生活費を考える必要がありますので、時給3,000円~4,000円必要かもしれませんね。

上記は1つのモデルケースですが、そのように逆算して考えてみて下さい。

いずれにしても、「少しでも高額な薬剤師求人を探したい」ですよね。短期間の雇用形態に派遣がありますが、薬剤師派遣は高時給を期待できますよ。

時給4,000円以上の案件もありますし、まずは以下の薬剤師派遣会社で相談されてみて下さい。

薬剤師の高額・高収入派遣に強い!【ファルマスタッフ】

ファルマスタッフは全国対応ですし、高額派遣の薬剤師求人を紹介してもらえると評判ですね。

薬剤師おすすめ派遣会社ランキング

薬剤師求人・派遣【ファル・メイト】インタビュー記事

薬剤師派遣