薬剤師 2ヶ月など短期 求人

短期で働くならバイトと派遣どちらがいい?

薬剤師、2ヶ月など短期求人をお考えでしょうか?

2ヵ月以内で働く場合、雇用形態は短期パート(アルバイト)、短期派遣、単発スポット派遣が多いですね。

単発派遣は一定の条件をクリアする必要がありますが、最初から2ヵ月と決まっていれば、短期派遣として働きやすいですよ。

薬局やドラッグストアと直接契約を結ぶのが短期パート、短期アルバイトですし、派遣会社と契約するのが短期派遣ですね。

どちらかと言えば、短期派遣の方が仕事を探しやすいかもしれません。調剤薬局(漢方薬局)やドラッグストアとしても、2ヵ月限定なら派遣で働いてほしい、と考えることがあるんですよね。

ちなみに、こうした短期派遣での薬剤師求人ですが、新規オープニングで忙しい時期だけ働いて欲しい、ということで募集されている事もあります。

ドラッグストアなどはまだまだ新規オープンスタッフ募集、ということで薬剤師求人を見かける機会もあると思います。そうした短期派遣での薬剤師求人を探してみても良いでしょう。

もちろん短期パート、短期アルバイトの募集もありますし、直接契約、間接契約(派遣)の双方に対応している紹介会社がありますので、そのようなサービスを積極的に利用して下さい。

短期パートが見つからなければ短期派遣、逆に短期派遣が難しければ期間限定のパートなど、柔軟に対応してもらえる可能性が高いですよ。

メリットが多い薬剤師短期派遣

時給で比較すれば、短期パートよりも短期派遣の方が高時給のケースが多いですね。特に繁忙期に関しては、短期派遣のニーズは非常に高くなります。

「忙しい時期だから、高い時給を払ってでも派遣で働いてほしい」
「今だけ急募で派遣薬剤師に来てもらいたい」

と考える調剤薬局が多いんですよね。

先ほどお話ししたように、パートやアルバイトは直接契約になりますから、採用までに時間が掛かります。ハローワークや求人サイトで薬剤師を募集し、履歴書・職務経歴書の審査を行って、面接して…を行いますし、良い人材がいなければ同じプロセスを何度も繰り返すんですよね。

その点、派遣薬剤師なら採用活動を行う必要がないですし、

などの条件を指定して(調剤薬局やドラッグストアは)派遣会社を利用しているのではないでしょうか。

上記のような事情があるため、働く我々も「短期派遣は仕事を見つけやすい」と言えますね。そのため、2ヶ月など短期間だけ働くなら、まずは派遣、次に短期パート(アルバイト)という流れがスムーズかなと思われます。

こうした短期派遣での薬剤師求人さがしも、

薬剤師おすすめ派遣会社ランキング

でご紹介している薬剤師派遣会社を活用する事で、お仕事探しのサポートを受ける事が出来ます。これから仕事探しを考えている、という薬剤師の方は利用されてみてはいかがでしょうか。

薬剤師おすすめ派遣会社ランキング

薬剤師求人・派遣【ファル・メイト】インタビュー記事

薬剤師派遣