地方派遣 薬剤師 時給4,000円、5,000円以上

薬剤師は都心部より地方の方が高時給?

薬剤師派遣は都心部に限らず、地方でも募集されていますね。求人数で比較すれば、やはり東京が多いですが、求人内容は地方も負けていません。

むしろ東京や大阪のような大都市よりも、高時給の案件が多いかもしれませんね。

少なくとも時給4,000円、5,000円以上の派遣求人に関しては、地方の方が見つけやすい印象を受けます。派遣求人自体、パートよりも高額なので、時給2,500円~3,000円の募集は良く見つかります。

薬剤師紹介会社(派遣会社)の公開求人にも掲載されていますし、登録者限定で紹介を受けられる非公開求人まで含めれば、より多くの案件が集まっていることでしょう。

しかし時給4,000円~5,000円以上になれば…数が少なくなるんですよね。

人口が多い都市は、調剤薬局、ドラッグストア、病院も多いですが、同時に薬剤師の数も多いです。需要も供給も多い状態で、ある種バランスが取れていると言えます。

しかし地方の市町村の中には、需要が勝っている状態(薬剤師が少ない状態)があり、そのような地域が時給4,000円以上で薬剤師を募集していますよ。

全ての高額派遣に共通している要素ではありませんが、そのような傾向が強いのではないでしょうか。

時給4,000円以上の派遣求人の注意点

実際、青森県の薬局が時給4,000円で募集していたり、北海道の地方都市(函館)が時給5,000円で薬剤師を募集していましたね。

一般公開されている派遣求人の内容ですから、非公開求人には更に多くの高額案件が含まれているかもしれません。往々にして非公開求人は「好条件・高時給の内容が多い」と言われていますからね。

それでも時給5,000円以上になれば、やはり求人数は少なくなります。時給3,500円~4,000円の派遣求人は地方で見つけやすいのですが、時給4,500円を超えると簡単には見つからないんですよね。

さらに注意したいのが仕事の忙しさです。

極端に薬剤師の人数が少ない薬局だったり、業務内容がハードすぎるドラッグストアが高額で募集することがあります。そのような職場は避けたいですよね。

たとえ時給4,000円以上でも、「仕事内容と収入が見合っていない」と感じれば、継続するのは辛いものです。

あくまでも派遣求人なので、契約期間が決まっていますし、無茶な残業をさせられることはないでしょう。それでも就業前に予想していた職場と違う、薬局の雰囲気がギスギスしている…という状況は精神的に厳しいですよね。

もしかすると地方の職場の方が、その傾向は強いかもしれません(あくまでも個人的な印象ですが)。

地方に対応している薬剤師派遣会社を利用する

私も人間関係が険悪な職場で働いていましたが、常に2つの派閥(グループ)が社内で争っていました。「人間が3人集まれば派閥ができる」と言われますが、その辺りは経営者や社風によって変わる部分です。

やはり上に立つ人間によって雰囲気は変わりますし、穏やかな性格の経営者、和やかな社風の職場なら、自然にマッチした職員が集まるものですよ。

調剤薬局やドラッグストアも例外ではないので、薬剤師紹介会社(派遣会社)で情報収集を行って下さいね。実際に薬局に足を運んでいるコンサルタントがいる紹介会社なら、より詳しく職場の情報を教えてくれますので。

今は都心部だけでなく、地方に対応している紹介会社が多いですし、そのようなサービスを利用することで、時給4,000円~5,000円以上かつ働きやすい職場を希望できますよ。

繰り返しになりますが、時給5,000円を超える派遣求人は地方でも多くありません。しかしタイミングが合えば紹介を受けられますし、時給3,500円~4,000円の求人まで広げれば、早期に紹介を受けやすいですね。

そのため、まずは時給5,000円の派遣求人、次に4,500円と希望条件を緩めながら、あなたが住む地域で探してみて下さい。

その第一歩が薬剤師派遣会社への無料登録ですね。当サイトでも人気の薬剤師派遣会社を掲載していますので、気軽に問い合わせてみてはどうでしょうか。

薬剤師おすすめ派遣会社ランキング

薬剤師求人・派遣【ファル・メイト】インタビュー記事

薬剤師派遣