東京で扶養範囲内の薬剤師パートを探す

扶養の範囲内で働くには?

「扶養の範囲内で働きたい」とお考えの薬剤師さんへ。

東京は求人案件が多いので、募集段階で「扶養範囲内OK」と明記されている薬局求人も探しやすいですね。

男女比で見ても女性の薬剤師さんが多いですし、結婚をきっかけに勤務先の調剤薬局や病院を退職し、家事や育児を行っている方も多いのではないでしょうか。

結婚前は時間を自由に使えたし、正社員として残業が多くても大丈夫だったけれども、結婚後に旦那さんの扶養になったからには、復職しても扶養の範囲で働きたいと希望するのは当然かなと思われます。

やはり扶養の範囲内で働けると、税金や社会保険などで有利ですよね。配偶者控除が受けられるのは年収103万円以内、社会保険(年金・社会保険)は年間130万円の収入が扶養範囲内のラインとなっていますが、その範囲内で働けるかどうかがポイントとなるでしょう。

薬剤師の仕事はパートでも高時給が期待できますので、気を抜くと扶養の範囲を超えてしまうことがあります

しかし最初から「扶養の範囲内で働けます」と記されているパート求人を探そうとしても、ハローワークやネット広告、新聞の人材募集広告では難しかったりするんですよね。

薬剤師紹介会社の利用がおすすめ

私も何度もハローワークで仕事探しを行いましたが、求人票を見ただけでは詳細が分からなかったりします。実際に履歴書・職務経歴書を郵送し、書類審査をクリアした後、面接まで進んで始めて勤務条件、労働条件が分かることもありますね。

転職活動、就職活動には時間と労力がかかりますし、面接で始めて扶養に関する質問が出来るのは…非常にリスクが高いと言えるでしょう。

薬剤師紹介会社なら、面接前に求人の詳細情報を教えてもらえますし、扶養範囲内で働ける案件かどうかも確認してもらえますよ。

たとえ求人票に掲載されていなくても、紹介会社のコンサルタントが調剤薬局やドラッグストアに質問してくれますし、その内容を教えてもらえると思います。

また、扶養範囲内で働ける職場なら、育児や家事との両立に関しても理解が深いと予測できます。少なくとも、同じ立場の薬剤師が多いと思われますし、リラックスとして働きやすいのではないでしょうか。

周囲に独身の薬剤師が多い環境だと、人間関係の構築が難しかったりしますからね…。

まずは実際に薬剤師紹介会社に会員登録してサポートを受けてみて下さい。登録は無料ですし、積極的に活用されることをおすすめ致します。

薬剤師おすすめ派遣会社ランキング

薬剤師求人・派遣【ファル・メイト】インタビュー記事

薬剤師派遣