ドラッグストア、薬局で薬剤師ダブルワーク

ドラッグストアや調剤薬局での薬剤師ダブルワーク

ダブルワークとして働く事を希望されている方も多いと思いますが、掛け持ちでのアルバイト、仕事探しの方法を迷われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

平日の夜間、営業時間が長いドラッグストアでの薬剤師バイトを探したり、土日休みの方は週末のみアルバイト可能な求人を探したり。探してみると意外とダブルワークOKのドラッグストア等ありますよね。

収入的に必要に迫られて掛け持ちでダブルワークで働こうと決心された方。

今の職場では仕事が限定的、スキルアップのために他の職場でも働いて見たい。でもいきなり退職して転職活動はちょっと・・・といった場合。

事情があって今よりも収入を多くしたい、基幹病院応需のような色々な診療科の処方箋を扱う調剤薬局などでも働いてみたい。

色々な理由から、掛け持ちで短期・単発バイト、ダブルワークでのお仕事を希望されていると思います。

派遣やパート勤務で働いていて、さらに掛け持ちで短期間だけ、単発で働こうかな、といった方も多いのではないでしょうか。

ダブルワークとして働く事で、当然ですが仕事を増やした分だけ忙しくはなりますが、副収入として収入アップも得られますし、今までに無い経験を得ることが出来てスキルアップに繋がる事もあります。

スキルアップに関しては、仕事探しの際にある程度メインとなる診療科など知ることが出来ますから、ご自身でお選びになる事が出来るのでは、と思います。

調剤薬局での仕事しか経験が無い薬剤師さんの場合には、OTC販売など経験してみた方もいらっしゃるかもしれませんね。

ドラッグストアは今ですと、年中無休、深夜0時まで営業、といった所も少なくありませんからアルバイト先としては探しやすい事も多いのではないでしょうか。

深夜手当も付きますし、高時給で働く事も出来ますので副収入として手取りアップには大きく繋がるのではと思います。

ダブルワークで働く際の注意点

ダブルワーク、掛け持ちでの薬剤師バイトの注意点ですが、最も気をつけなければならない点は、

「今の職場がダブルワーク可能であるかどうか。副業を禁止していないかどうか」

ですよね。

時々、仕事探しに意識が集中してしまって、この点(副業可かどうか)を確認する事を忘れている薬剤師さんもいらっしゃいます。まずはダブルワークをしても問題無いかどうか、これを確認する事が第一歩となります。

また、仕事探しでの注意点となりますが、これもよくよく考えると当たり前になってはきますが、仕事をすればするだけ忙しくなります。

休みが減ればその分だけ、どうしても疲労も溜まってきますし睡眠時間も減ってくると思います。こうした疲労の蓄積、睡眠不足が本業やアルバイト先での思わぬミスに繋がる可能性もあります。

「働き過ぎないこと」

場合によってはできる限り手取りを増やして働きたい、といった事でシフトを入れられるだけ入れてしまう方もいるかもしれませんが、無理せず働く事は、とても大切ではないかなと思います。

空いた時間を活用して働く事が出来る、短期・単発・スポット派遣のお仕事など、ダブルワークでのお仕事を希望されている方は、

掛け持ち(ダブルワーク)の薬剤師バイト

でご紹介しているような薬剤師派遣会社の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

薬剤師おすすめ派遣会社ランキング

薬剤師求人・派遣【ファル・メイト】インタビュー記事

薬剤師派遣