奨学金返済のために高額派遣薬剤師として働く

大きな負担となる奨学金の返済

奨学金返済の負担は重いですよね。中には奨学金を返済できず、自己破産する方もいるくらいです。

私の弟も奨学金を受けて大学を卒業しましたが、返済で苦しんでいますね。正社員として働きながら、生活費を切り詰めています。

しかし奨学金を返せない…と悩む方の多くが低収入です。高収入を得られる薬剤師の仕事なら、余裕を持って返せるのではないでしょうか?

そうは言っても、年収300万~400万の薬局で働くだけでは、返済が苦しいかもしれません。

薬剤師は正社員よりも派遣の方が稼げるケースも多いので、高額派遣をレギュラーで繰り返したり、高時給の短期派遣の紹介を受ける方が、早く奨学金を完済できるかもしれませんね。

派遣期間は同一の職場で3年間と決まっていますので、条件の良い派遣求人が見つかれば、3ヵ月~6ヵ月で更新を重ねることも可能でしょう。

将来的に見て、『派遣薬剤師のニーズは低下する』という予測もありますが、2016年現在、まだまだ高時給で薬剤師派遣が募集されていますよ。

地方の急募求人の中には時給4,000円以上、最大で時給5,000円の募集も過去にありましたし、都心部の場合も時給3,000円以上で働けるチャンスがあります。

時給・収入面だけを考慮すれば、薬剤師不足かつ高齢者が多い地方都市の方が稼げるようですが、求人数の多さで言えば、東京や大阪のような人口の多い都市にメリットがありますね。

その辺りの詳細は薬剤師派遣会社に問い合わせて頂きたいのですが、派遣会社へ無料登録した後、

「高額の派遣薬剤師求人を探しています」

と担当者に伝えれば、あなたの希望条件に合った派遣薬剤師求人を探してもらえますよ。

高時給の薬剤師派遣で働くには?

派遣以外にアルバイトやパート求人を保有している会社なら、更に選択肢は広がるのではないでしょうか。

全体的な傾向としては、アルバイト・パートよりも派遣の方が高時給ですが、求人案件は常に動いていますから、仕事探しのタイミングによっても変わりますね。やはりインフルエンザが流行する時期は求人が増えます。

また、薬局やドラッグストアで退職者が出たり、すでに決まっている派遣薬剤師が急に出勤をキャンセルすれば、高額で募集される機会が増えます。

薬局は日々のシフトを考えて薬剤師を雇用していますし、特に1人薬剤師の職場では、急な退職やキャンセルがあると、その日の営業が難しくなるんですよね。

その場合に「高時給でも派遣薬剤師に来てもらいたい」と薬局経営者は考えますので、急募の求人は狙い目です。

まずは早期に薬剤師派遣会社への登録を行って下さいね。無料で会員登録できますし、あなたのスキルに合った派遣求人を紹介してもらえることでしょう。

高額の派遣薬剤師求人の紹介を受けて、スムーズに奨学金返済を行って頂ければと思います。

薬剤師おすすめ派遣会社ランキング

薬剤師求人・派遣【ファル・メイト】インタビュー記事

薬剤師派遣